越前海岸【高佐漁港】は素人向けではないがよく釣れる釣り場

越前海岸の釣り場でもアクセスがハードな高佐漁港のポイント紹介です。

磯場の上に作られた越前方面特有の構造で魚影は濃い良釣り場ですが、その分危険な箇所が多いので手軽には行きづらい釣り場となっています。

魚の魚影は濃く、

  • 堤防・テトラ帯でチヌやグレのフカセ釣り
  • 全体岩礁地帯なのでキジハタやカサゴなど根魚は魚影濃い
  • 秋のアオリイカは言うまでもなく全体で釣れる実績場
  • 沖目は水深もあるためカゴ釣りでマダイ・青物も狙える

高佐漁港はしおかぜラインから越前海岸に入り河野、甲楽城を超えて米ノという集落に入ります。米ノにも漁港がありますが、米ノを超えてトンネルくぐってすぐの場所に位置します。

野島崎という磯の隣に作られており、堤防の途中にも巨大な岩場があるというすごい構造です。この岩場の先にも堤防があるのですが、岩が巨大で角度があるため乗り越えるのは大変。荷物を持ちながらでは転落の危険があります。

高佐漁港の釣り場と釣りポイントの解説

堤防そのものは漁港内から堤防の下段を歩いていくのが一番でしょう。サビキ釣りするなら漁港内でも釣りは可能です。

漁港内の下段をぐるっと歩いていきます。このように下段は歩きやすく、整備されていますね。

下段をずっと歩いていくと、このような岩場にぶち当たります。最初の難所で、この岩場を超えると堤防の上段へ渡ることができます。

この岩場は堤防上段へ抜ける為の階段代わりに使え、傾斜も緩やかでなんとか上までは上がれるでしょう。

この崖のような岩場を超えていくことができれば、さらなる手つかずのポイントが広がっています。

遠くから見ると岩の先に整地された堤防が作られているので、ルアー釣りなどの軽装備で臨めば乗り越えること自体は不可能ではありません。

安全装備を充実させて、足腰に自信ある人であればこの先で釣りをするのも一興です。

高佐漁港の上段へはこちらからテトラ帯へアクセス!

駐車場の隣、漁協関連施設の先に、茶色いはしごがかけられています。このはしごから堤防の上段へ直接抜けれますが、その先には巨大テトラが待っています。

初めからテトラで釣りをするか、身軽なルアーマン以外は立ち入り禁止!道幅も細くて危険です。堤防の先へ行く為には、どうしても巨大テトラを渡らねばならないポイントがあるので、荷物が多い人は下段を歩いてから岩場を登ったほうが安全です。

高佐漁港で魚が釣れるポイント紹介

高佐堤防の外界側は水深があり、堤防際でも4メートル以上あります。沖はフラットな海底が続きますが、岩礁帯交じりの砂地で魚が寄り付くには絶好の場所。

キジハタをはじめ、カサゴやアイナメなどの根魚は豊富です。テトラで危険を冒さなくても釣れるので面白いです。

海藻も良く生い茂っているためアオリイカの回遊も盛んです。秋はエギングする人一色に染まり、いつ見ても誰かしらが竿を振っています。

他には泳がせつりで、マゴチ・ヒラメがつれるという情報あり。漁港にいた漁師さん談ですので信憑性はあるかと。あまり人がいない分、魚影は全体的に濃いですね。

堤防内側の下段では、サビキ釣りが主体。水深は浅めなので、大型を狙うなら堤防の上段へ登って外界側で勝負しましょう。

テトラ帯は日本海名物の巨大テトラです。巨大テトラは足を滑らせたら完全にアウト!手前にみえるような四角テトラでしたら足場はいいんですが、奥にあるような丸いテトラは足を踏み外しやすいので穴釣りとかする人は十分に注意して下さいね。

スポンサーリンク

高佐漁港にてウキフカセ釣りレポート

今回はチヌのフカセ釣りをするべく、真夏の高佐漁港へ来ました。

堤防が高いうえに手軽にこれないので、初心者にはおススメできない釣り場です。

今回はフカセ釣りとアジを使った泳がせ釣りの二刀流で攻めます。

まずはチヌウキフカセ釣りの準備から

 

今回使うマキエサです。オキアミ3キロにチヌパワー一袋、チヌパワー日本海を一袋です。

ここは湾内で潮の流れが利き難いとみて、一定の底にポイントを作る面で粘り重視の構成にしました。チヌパワーは相当な粘りを持たせることができます。

撒き餌を作り終わったら、適当に撒き餌をばら撒いてみると・・・来るわ来るわえさ取り軍団。今回のえさ取りは、10センチくらいの小あじの大群と、コッパグレの群れ・・・フグが少ないのがまだ良かったかな・・・

今回は刺しえさはオキアミのみなんですが、アジが小さかったのでオキアミえさでも何とかいけました。厄介なのがグレ。しばらく餌をまいていると、20センチ以上のでかいグレも寄っては来たんですが、コッパに阻まれて釣れてくれません。

潔くここは底狙いでチヌに焦点を絞ります。

テトラの際でやったんですが、水深は意外に深く、足元で3.5ヒロあります。私の身長は165センチなので4メートル以上。結構深い場所ですね。

しばらく餌取りと格闘しても、こんな木っ端グレしか釣れないのでしばし休息。

アジの泳がせ釣りでカサゴが入れ食いに

ここで、アジを釣って泳がせ釣りすることに。見たところ青物のナブラは皆無なので、底にいる大型根魚を狙っていきます!

アジが小さすぎてすぐに弱ってしまうので、できるだけ大きいのを使います。大体10センチくらいは欲しい所。アジが死んでしまうと、フグとか変なのにかじられて餌がなくなります。

仕掛けを投入して待つと、すぐに当たりが!

これまた派手な奴!カサゴ?見方によってはヨロイメバルに見えなくも無い奴でした。

この海底は岩礁交じりの砂地で、思った以上に根魚が濃い。テトラもあるんですが大型テトラで危険なので、堤防からの投げ釣りやルアー釣りでも楽しめるでしょう。

クジメ

小ぶりながらクジメもヒット。

20センチくらいまでのカサゴが入れ掛りです。日が昇ってからでも泳がせ釣りであればカサゴやキジハタが釣れてしまいます。昼にこれらを釣るなら、万能のアジ君を餌に使いましょう。

カサゴと遊んでてもいけないので、本命のチヌを狙います。

マキエサも利いてきて、偏向グラスで海中を見ていると・・・水面下は大量のアジですが、さらにその下では不穏な動き。なんとコッパグレが一目散に退散しているではないですか!

これは何か大物が来ていると確信し、大き目のオキアミを付けて少しオモリも重めにし、一気に底を狙っていきます!

これが的中し、浮きをひったくる当たりが!さお先まで海中に突っ込む当たりで、でかいグレかと思いましたが、すんなり浮いてきたのはメタボチヌでした!

なんかぼてっとしてます。お腹が大きいので未だに卵をもっている奴か、先ほどのマキエサをしこたま食い散らかした奴かどっちかです。とりあえず本命ボーズを逃れて一安心。

朝は何人かいた釣り人も、すでに私一人でした。ここで倒れてはまずいと思い、撤収します。つくづく真夏の炎天下の釣りは危険であると認識した次第です。

車に戻って水を飲みましたが、飲んでも飲んでも喉が渇く・・・汗の出方もおかしく、熱中症の一歩手前。頭がくらくらしていました。

真夏の炎天下の釣りは帽子とかでガードしても、太陽熱だけは避けられないので、くれぐれも堤防で倒れないように気をつけましょう。

夏の釣りは熱中症に要注意!症状の危険サインと対策方法

やっぱりこの時期は釣るなら朝・夕マズメ限定か、夜釣りに分がありますね。

以上炎天下の日本海突撃レポートでした。