耳川河口域でサーフフィッシング!川も流れ混む長大な砂浜を攻める

福井県で手軽にサーフフィッシィングができる場所を紹介します。

敦賀から小浜方面に進み、三方五湖の手前にある耳川という小さな川の河口域が非常におススメの釣り場です。

駐車場も無料でキスやハゼ、サーフジギングでシーバス・ヒラメまたチヌも釣れる釣り場です。

河口を挟んだ西側の海岸線が主な釣り場で、河口東側はトイレなどもあるちょっとした休息場所となっています。近くには和田海水浴場などがありますが、まわりは何もない静かな場所です。

車を止めるところはそれなりにありますが、砂地で砂が深いところもあるのでタイヤスタックには注意しましょう。

耳川河口付近で釣れる魚とポイント選定

海岸を望むと、目の前には沖にテトラが積んであります。このテトラの間が潮通しがよく、遠くまで投げれるので狙い目のポイントです。

5月ごろからキスが釣れ始め、7月ごろまで型狙いでの投げ釣りが楽しめます。

非常に広大な砂浜であり、沖からのうねりも入りやすい場所ですので波が高い時はしばしばあります。ウェーダーを持っていくと釣りの範囲が広がって面白くなります。

海釣りで使うウェーダーの用途と選び方!海と一体になる釣りを愉しむ

耳川河口付近の流れ込み小テトラからチヌ・シーバス

河口には少しですがテトラが積まれた場所があり、チヌはここで狙います。海が多少波気だっているときでなければ釣りにならないこともあるので、少し濁りがあるときか、夜釣りで狙います。

川が流れ込んで汽水になっているところは小動物が豊富に発生するため多様な食物連鎖体系が発生します。耳川は大型河川ではなく用水路程度の川ですが、流れ混みはよくて汽水に集まる海の魚をピンポイントで寄せるには理想的な場所ともいえます。

特にシーバスは実績が高く、私がチヌを釣っている隣でメーター級がバンバンあがっていたこともあって大型が狙える場所です。釣っていた人はメタルジグを投げていましたが、風が強くなければミノーなどで攻めても面白いかもしれませんね。

夏はキス釣りの人が入りますが、場所は広いのであぶれることは少ないでしょう。たまにはサーフで波の音を聞きながらのんびりと釣りというのもいかがでしょうか。

海岸沿い一帯でアオリイカのサーフエギングが面白い

耳川から続く海岸線は、9月以降はもれなくアオリイカが接岸する好ポイントです。

波が高い時や大雨の後などは活性が落ちてしまいますが、サーフは新子アオリイカの餌場としても優秀な場所。

エギングで攻めればポイントは広大なので、回遊してくるイカを狙ってエギを投げ続ければ好釣果が見込めます。

ボートで沖テトラへ渡ることもできますが、この場所に関してはサーフから狙う釣り方を模索する方が面白いでしょう。