内海新港の釣り場紹介!知多半島でのキス・チヌ・アオリイカの実績場

知多半島の釣り場内海新港です。知多半島は内海辺りから急激に水質が良くなり、名古屋港のよどんだ水から解放された透明な海が広がるようになります。

内海新港は広大な駐車場があるのと、足場の良い堤防がある釣り人の多い釣り場。特に隣が海水浴場ということもあって砂地海底が広がっており、投げ釣りのキス釣り、カレイ釣りでは実績のあるポイントです。

港内一帯ではアオリイカの回遊もあり、秋の新子イカのみならず春の親アオリも産卵に来る場所。年中エギンガーが竿を振っています。

  • 駐車場が広い(6~9月の海水浴シーズンは有料になる)
  • トイレがあり、公園もあってファミリーに最適
  • ポイントが広大で、釣り場が豊富である

内海新港で釣れる魚や、ポイントをご紹介します。

内海新港で狙える魚とポイント選定

内海での釣りポイントは大きく分けて3つあります。

  • 新港と呼ばれる駐車場目の前にある岸壁と堤防
  • 堤防東側に広がる海水浴場でもある砂浜
  • 新新堤と呼ばれる、西側の長い堤防です

新堤と呼ばれるメインの釣り場

堤防は足場こそいいですが、段差があって上段は狭いので注意。海面からも高いので、ライフジャケット必須で安全に釣りしましょう。

堤防からおおよそ10メートルほど、場所によってはかなり沖まで敷石が入っており、中途半端にちょい投げをすると根がかりしてしまいます。

逆に言えば根がキツイ場所なので、敷石の隙間を狙ったカサゴ、ソイ、アイナメ釣りが有望です。長めの磯竿などにブラクリ仕掛けを付け、根がかりを避けながら深く落ちる穴を丁寧に探っていくのが面白いです。

投げ釣りタックルで遠投しキスやカレイを狙う

ここはすぐ隣が海水浴場でもあるので、遠くまで砂地が続いています。堤防の砂浜よりでは、投げつりをする人が多いです。

6月頃からのキスやコチの釣り場としてかなりの数がでますね。足場も良く、車横付けで楽しめるのもいいです。キスは群れさえ入れば100匹以上の釣果も期待できます。

冬場はカレイやシーバスが連れるので、車で暖をとりながら釣りする人も多く見られます。

メイン堤防の西側は、少し沖に離れ堤防を臨む場所です。ここは新しめの堤防で増設された場所です。漁港内部に入り込むため、水深は浅くなっており見た目ほどの釣果は望めません。

船の往来もあるためこの周辺では投げ釣りもできず、堤防際に寄り付いた根魚をポツポツと拾い釣りしていく感じです。

春には大量の海藻が生えるところを見ると、アオリイカの寄り付きは期待できるポイント。藻が絡んで釣りにくいですが、漁港内でも大型イカが上がるポイントです。

堤防には上段へ渡るための梯子も設置されています。チヌは落とし込み、前打ち、ウキフカセで狙います。根魚はカサゴやソイの大型が出ることもあり、期待できます。

西側に大きくせり出した新新堤防

奥に新新堤防を望む

駐車場から大きく西側へ歩いていくと、遠くに見える新堤防へ歩いていけます。こちらは少し距離がありますが、本格的に釣るならこっちのほうが釣果はでます。アクセスに手間がかかるので、人は少なく釣り荒れが幾分少ないからです。

チヌ釣りや根魚、グレが連れますので釣果を求めるのであれば頑張って行ってみる価値あり。ファミリーには不向きですがこちらで釣りするというのもおススメです。

最初の堤防の基部のみ岩場になっているので、転ばないように注意しましょう。

御嶽突堤と呼ばれる突き出た堤防

御嶽突堤(内海新港)

堤防と海水浴場の間には、むき出しに突き出た「御嶽突堤」と呼ばれる小堤防が出ています。

ここは波が高いと非常に危険であるのでおススメしませんが、穏やかな日よりであれば広範囲を狙うことのできるポイントです。

マゴチ、ヒラメのルアー釣りなど、広く海底を探りたいときにはぜひとも足を運んでみたい場所。

御嶽突堤の周囲は水深浅く、それほど根も入っていないので根魚などは期待できません。根魚狙いであれば、御嶽突堤の基部にあるテトラ帯を攻めたほうが良いでしょう。

内海新港のまとめ

夏場は駐車場料金の¥1000円が痛いのであまり使いません。おばちゃんがすぐに飛んで来て、徴収されます・・・キスつりの時期と重なるので、行くなら1日釣り倒すつもりで行きましょう。

シーズンオフの10月頃からは駐車場は開放されるので、チヌ釣りやアオリイカの釣り人で賑わいます。アオリイカは知多半島でもこの漁港辺りから魚影が濃くなります。砂浜でも釣れますし、釣り場は広いので狙ってみる価値ある場所ですよ。

ゴムボートがあれば沖提へ渡れる

ゴムボートを使うことで、少し沖にある離れ堤防へも渡ることができます。堤防の中央にはしごがありますので、そこにボートを付けて上陸します。ボートは堤防上に引き揚げておきます。

手漕ぎでもいける距離なので、多い日には5,6艘は乗っています。ここまでして行くからには一体何が釣れるかというと、チヌの魚影が半端なく濃いんです。

基本はカラスガイを使った落とし込み、カニや岩虫を餌にした前打ちという探り釣りで狙います。多い日には1日5,6枚釣り上げていく人もいるので、腕に自信があれば渡ってみるのもいいでしょうね。