豊丘漁港で何を釣る?小さくて静かな穴場的フィールド

知多半島の穴場的フィールドが豊丘漁港です。有名な豊浜の手前にあり、一見誰もが見過ごすような非常に小規模な漁港です。

南知多病院交差点のすぐ脇に入口があり、小さくて分かりにくい。漁港内はそこそこ駐車できるスペースはあります。

堤防先端は複数の小突堤が突き出た複雑な地形を作り出していて、知多半島で魚影の濃いシーバスやチヌの居付きはよい場所。

夏はチヌ・冬場はアイナメ・メバル釣りで来る釣り場です。

テトラ自体は古くから入れられたもので、いい感じに貝類や海草が付着しています。沈みテトラも多く、その際を狙ってチヌが釣れます。

豊佳漁港は小規模ながらテトラの詰まった魚の寄り場がある

豊岡漁港周辺の水深は浅く、干潮時は海がすけすけです。昼間の釣行で釣れるのは、ハゼやセイゴなどをチョイ投げで釣れる程度。

冬場はアイナメやメバルが食ってくるので、主にラン&ガンスタイルで港を渡り歩くときに寄ったりします。テトラの穴というよりも、テトラ際と沈みテトラを狙ってブラクリ仕掛けなどを落とし込んでいきます。

近くには潮干狩り場が連なっているので、とうぜん海底は砂地。この辺り一帯はハゼの魚影が濃いところですが、キスなどを釣るなら反対側の内海方面へ行った方がいいですね。

見落としがちですが、一応釣りができる場所として紹介しておきます。漁港入口は波止めとして壁が高くなっているので、往来の車が見えにくいです。安全には注意して釣行しましょう。