越前海岸釣り場「大丹生漁港」は磯の上に作られた魚種豊富な場所

越前海岸に点々と続く漁港の一つ、大丹生漁港おおにゅうぎょこうです。

周囲を岩礁に囲まれており、漁港自体も磯場を切り開いて造られたのが一目で分かる構造になっています。

磯場であることから周囲は岩礁交じりの海底になっており投げ釣りには不向き。サビキ釣りや、カゴ釣り、ウキフカセ釣りなどを楽しむのに向いている釣り場です。

  • 春のメバル・アイナメなどの根魚、チヌのフカセ釣り
  • 夏のサビキ釣り、投げサビキ釣り、かご釣り
  • 秋のアオリイカエギング、青物かご釣り
  • 冬は足場が悪いので安全性から釣りには向かないポイント

漁港の通路が非常に細く、また先端に行くには足場の悪い場所を通らねばならないのもあってファミリーには不向きな釣り場となっています。

大丹生漁港の釣り場の紹介とポイント選定

ここはテトラなどはなく、磯の岩礁がむき出しになっています。

メインの大堤防は途中の通路が細くなっており、行き交うときには譲り合うなど注意が必要ですね。

磯場には降りられるようになっており、水深もあるのでグレやチヌ狙いはこの写真右手からも狙えます。

こんな感じの磯場に隣接している漁港です。磯に降りてグレを狙うこともあります。

そんなに大きな漁港ではないので、人が多い時は他を探したほうがいいかもしれませんね。

 

ここで狙えるのは、秋のアオリイカ。漁港内向きでエギングをすれば数釣りできます。岩礁地帯が多いのでイカの数は多いですが、根がかりしてエギをロスとしないように日中に下見をしておくことを推奨します。

堤防といっても岸壁は少ないので、サビキ釣りとかするなら上の写真にみえる小堤防からの方がいいでしょう。

大堤防の先端へ続く場所です。写真正面のブロックを登らなくてはいけませんが、右手にはしごが設置してあります。一応立ち入りは禁止の場所。事故があればそれこそ釣り禁止にされても仕方ない場所なので、安全確保のために看板手前まででの釣りを推奨です。

海が荒れているときは波が堤防に被ってくるので特にこの細い通路は危険です。注意しましょう。

大丹生は青物の回遊が盛んな知る人ぞ知るポイント

このポイントで狙える魚は、グレやチヌといった磯魚。堤防先端では、マダイや青物をターゲットとしたカゴ釣りアジの泳がせ釣りで大物狙いができます。

10月ごろの秋口には度々青物の回遊があり、釣果を見ているとヒラマサが陸から釣れてしまう貴重なポイントとしても知られます。堤防先端の外海向きで、活きアジを使った泳がせ釣り、ショアジギングタックルを利用して狙います。季節は秋から初冬にかけて。青物の回遊は情報が全てなので、釣具屋さんで情報を仕入れてからの方がいいですね。