師崎漁港の静かな釣り場|保育所裏テトラ帯の根魚釣り場

師崎漁港は知多半島の最南端に位置する漁港で、非常に広大で釣りができるポイントは多数点在しています。

至るところで釣りできますが、メインの堤防よりも落ち着いた環境で釣るのが好きなのでできるだけ人の少ない場所をピックアップしました。

まずは師崎漁港保育所裏テトラと呼ばれるところで、小さなテトラが積まれた海が広がっています。

水深は浅いですがテトラの切れ目を狙っては、カサゴ、ムラソイ、アイナメがコンスタントに釣れる場所。非常に長いので、探りながら釣り歩けば飽きない程度に竿を曲げてくれます。

保育所裏堤防

漁港内の堤防よりも人気は少なく静かに釣りをするならこちらがおすすめです。四角いテトラが並んでおり、足場もよくて投げ釣りにも向いています。

テトラは場所によっては深く掘れているところもあるので、根魚の着きもいいですね。

知多半島のテトラは、総じて規則正しくみっちりと入れられているケースがほとんどです。穴の奥に魚はいるかもしれないけど、仕掛けを底まで落とすのは一苦労。

穴釣りをする場合は、細めの竿でかつ満潮の夜釣りでないと釣りづらいですね。長めの竿でテトラの切れ目や沈みテトラを狙ったほうが数つれることがあります。

師崎新堤防に向かう途中のテトラ帯

こちらも場所の雰囲気としては保育所裏とよく似ています。こちらの方が車は止めやすいかも知れません。堤防岸壁一帯テトラに覆われているので、チヌや根魚釣りの人がいつも入っています。

この堤防沿いに歩いていくと、新堤の突堤に行くことができますが平日でも人が多いのであまり行きません。なるべく人が少ないところを探して存分に釣りをしたいという人はこちらにポイント移動しましょう。