玉川漁港は北陸アオリイカ釣り・根魚釣りの穴場的ポイント

玉川漁港(たまがわぎょこう)小規模で堤防も短く、釣り場が限られるので見落としやすい釣り場です。

大きなカニの看板があり「玉川観音」が目印。道の端が広くなっており、目の前に鳥居が見える所に車止めます。駐車スペースが広くて、車降りてすぐ目の前がテトラ帯です。

エギングでアオリイカの拾い釣りをしている時などは、車を横付けですぐに釣りできるので移動途中に立ち寄ったりします。

玉川漁港の釣り場とポイント解説

玉川漁港は小規模で漁港があるな・・・くらいしか分からない場所。ここを目的に釣りに来る人が少ないためか、ほとんど釣り人を見ることはありません。

堤防へはすぐに行けますが、短いので基本はテトラでの釣りになります。

ここでのメインはアオリイカ!秋のアオリイカ釣りはかなりの釣果が出ます。

ポイントとなるのはテトラ帯の正面。テトラ先端から少し遠めにエギを投げるようにし、沖にあるシモリ根周りを狙うとかなりの釣果が出ます。

テトラ帯であることから根掛かりもするので、安いエギで底の状況を確認しながら釣りはじめるといいでしょう。

釣りガイドにもあまり載らない場所ですが、堤防内側に入れれば足場よくイカ釣りを楽しめます。

昼間でも釣れますが、全体的に水深は浅めであり、デイゲームではポツポツと居付いているイカを獲っていく感じになります。

数釣りをしようと思うと夜釣りがメインとなるので、くれぐれも安全釣行を心がけてください。

テトラがあることから根魚は豊富。ただ、あまり多くの群れが居付いていないためか、もしくはテトラの積み方がぎっしり詰まっているせいか良型は少ない印象。

短竿でテトラを丹念に探れば、カサゴやムラソイが飽きない程度に竿を曲げてくれます。オキアミを1パック持ってシンプルな仕掛けで探っていけば、1日十分に楽しめる釣り場です。

アオリイカエギングノウハウ
秋のアオリイカエギングの釣り方アクションからタックル選びまで総特集
カサゴ釣り
手軽な堤防のカサゴ釣りのエサや仕掛けを図解でまとめてみる