小佐漁港の堤防釣り場|穴場的フィールドでチヌ・アイナメの宝庫

豊浜と師崎の間に位置する小佐漁港水産試験場という施設の隣にあり、これまた入り口が分からず、初めての人は確実に辿り着けないような場所にあります。

入り口と道中の道は狭いですが、中には公園と駐車場があり車を止める場所に困りません。実際の釣り場を見ていきたいと思います。

小佐漁港は優れた漁場に面しており独特なテトラに大物が潜む

小佐漁港へのアクセスは、水産試験場を目指して車を走らせていきます。

入れるのか?と思うような漁港入り口を、右に入っていくと駐車場と公園があります。トイレも設置されているので、家族連れで来ても安心して釣りが楽しめます。

ぎっしり積まれたテトラ帯に根魚が潜む

漁港自体は小さなものですが、外海に面した岸壁はテトラがぎっしりと入っており水深もあります。

左手水産試験場方面に進んで行くと、四角いコンクリートブロックの様なものがあり、通称「トーフ」と呼ばれています。この近辺は根魚のカサゴやソイ・アイナメが釣れる場所です。これより先は水深が浅くなってくるのであまり期待できません。

堤防もあるが足場が高くて釣りにくい

右手にすすむと、足場の良い堤防になっており、足場の良い場所から釣りできますが少し高いので注意。チヌを狙っている常連さんの定位置と化しています。

テトラは比較的足場が良く、日本海の巨大テトラに慣れている私としては釣りやすいです。小さな三角テトラが積まれている場所は、穴が小さくて穴釣りとしては難しいですね。

投げ釣りでもアイナメなどが狙えるので、堤防岸壁からのんびり釣りするのにも向いていますよ。人は少ない穴場的場所ですので、豊浜で釣りできなかったときの保険として知っておくといいかもしれませんね。

釣果を求めるなら小佐ボートを使って沖に出よう

ここ、小佐漁港には、ユニークな釣り船である「小佐ボート」が営業しています。

小型のボートに一人一人乗り込み、船頭さんのボートで沖まで牽引してもらってポイントで下ろしてもらうというボート釣りのスタイル。

自分でボートをこぐ必要がなく、釣る魚に合わせた実績ポイントへ下ろしてくれるので楽に釣果が見込めるのです。

私も何度か利用していますが、初夏のマゴチ、親アオリイカ釣り、キス釣りで訪れる人が多い釣り場。

他にも岩礁帯の海底も点在しており、アイナメやハタなどの根魚狙い、秋のカワハギや青物狙いでは根のあるポイントへ入ることができて面白いです。

小佐ボートの詳細は以下にまとめていますので、堤防釣りよりも釣果を求めるならばボート釣りに挑戦してみてください。

知多半島小佐ボートで初夏のマゴチ釣り!手軽に一級ポイントで釣りできる