釣りの疲れを翌日に残さない着圧タイツの選び方とおすすめ

  • 釣りの疲れが取れなくて翌日の仕事に響く
  • 釣り場までの長距離運転の負担を減らしたい
  • 体力負けせずに一日中釣りを楽しんでいたい

こんな悩みを一つでも感じたことがあるなら、釣りの疲れを翌日に残さないための機能性ウェアとして、着圧タイツを履くのがおすすめです。

着圧タイツは足の筋肉や血管を適度に締め付けることで血流を促進したり、足をグッと引き締めて動きのブレを少なくしてくれるスポーツウェアの一つ。ジョギングや登山などハードなスポーツでは履く人が多いですが、釣りで履いている人を見るのはまだ少ないです。

着圧タイツの機能性を上手く使えば、釣り場まで移動時の負担軽減や釣りでの疲労を軽減してくれます。翌日に疲労を残さないために、釣りにおいて活用できる着圧タイツの選び方についてまとめました。

2つの機能性:釣り用ではどんなタイプがベスト?

一般にスポーツタイツとも呼ばれる着圧タイツには2つの機能があります。

コンプレッション系体幹・筋肉サポート系
 機能血流を促進して疲労物質の代謝やむくみ・うっ血の低減筋肉を支えてハードな動きにおける動きのブレを抑制
 用途疲労回復、動きの少ない状況での血流促進パフォーマンスアップ、足の筋肉稼働範囲の向上
 活用法堤防、筏、釣り堀、船釣りなど磯釣り、移動の多いルアー釣り

大まかに上記の2つの機能に分かれますが、他にも汗の発散を促して蒸れを防いだり、紫外線や虫から肌を守るという役割もある有用性の高いウェアです。

動きの少ない釣りで活躍するコンプレッション系

一般に釣り向きとなるのがコンプレッション機能を重視した着圧タイツ

血管の位置や筋肉の形に添って圧力がかかる様に設計されており、足が持つポンプ機能を高めて少ない動きでも血流を最適化してくれます。

動きが少ない状況でも適度な締め圧を保持してくれるのが特徴で、

  • 車で釣り場に長距離移動するときの疲労の軽減
  • じっとアタリを待つような釣りでの足の負荷軽減

あまり動かないようなシチュエーションでもうっ血したりするのを防ぐことで、釣りの疲れを溜めにくくするのと、釣りから帰った後足がむくんだりするのを防ぐことができます。

ハードな立ち回りが必要な釣り向けサポート系タイツ

一方でハードなスポーツ用として、関節・筋肉のサポート機能を高めたタイツもあり。こちらはタイツの素材からして丈夫で、フレームが入ったように足をガッチリ固めてくれるタイツ。マラソンとかトレイルランニングなどでの有用性が高いものです。

  • 荷物を担いで地磯を渡り歩くようなハードな釣り
  • あちこち足で移動を繰り返しながらのルアー釣り

釣りで履くとなると、締め付けが強すぎて違和感を感じる面もあるかもしれません。あくまで足の筋肉機能のサポートなので、釣りでそこまでの運動性を発揮しなければないことは少ないです。足場が悪い場所へ積極的に出向くようなチャレンジャーの人向きです。

釣り用の着圧タイツでおすすめのモデル

釣り用として実用性あるタイツは、もれなくダイワやシマノの大手メーカーからも販売されています。釣り用途を考えて、蒸れにくさを考慮したり締め付けが強すぎないなど工夫されています。

しかし着圧タイツの市場に目を向ければ、医学的に機能開発に力を入れてきた下着・繊維メーカーが主流。機能にこだわった商品が出ていますので比較して選んでみることをおすすめします。

堤防釣りから普段使いでの疲労軽減にもなるコンプレッション

機能で選ぶのであればC3fitのコンプレッション

C3fitのコンプレッションであるインスピレーションタイツは、医学的見地より開発された着圧性能が高いモデル。キュッと閉まる感覚が強めながら、肌触りが良くてすね毛にも引っかかることが無いので快適に1日履き続けられます。個人的にはデスクワークでも使用しており、運動不足時の足の機能低下防止として日常でも履いています。

独自の段階着圧が効くCW-X

CW-X(ワコール)のスタイルフリーボトムは、独自設計された段階着圧により、履き心地を高めながら要所での圧力を高めているモデル。血流を段階的にコントロールすることで、運転や動きの少ない釣りでも疲労を溜めにくくなります。

快適性を重視するなら釣り具メーカーの着圧タイツ

ダイワのロングアンダータイツは通気性が良く、一般的な着圧タイプと比べると履きやすい素材です。入門用としても、着圧タイツはどんなものか?という初めての人にはおすすめできるモデルです。

シマノプロテクトタイツは足の保護のみならず、UVカット、速乾性能を高めた夏の釣りでも使いやすいモデル。性能や履き心地はダイワ製品と大きく変わりませんので、両社はブランドの好みで選んでもよいと思います。

製品の信頼性が高いスキンズのロングタイツ

スポーツ用着圧タイツで高い性能を誇るスキンズのフラッグシップモデル。釣りで使うのみですとややオーバースペックな感じもしますが、他にもスポーツを楽しむならば兼用できて頼もしいウェアになります。

ハードな釣り向けのサポート系のタイツ

筋肉や関節の動きをサポートしてくれるタイツで、地磯歩きやハードにラン&ガンする釣りスタイルで役立ちます。関節をガッチリ保護してくれるので怪我の防止にも役立ち、足腰の衰えを感じたときなどにも活用できるサポートタイツです。

C3fitエレメントエアーロングタイツ

サポートタイツの中では軽量で扱いやすいモデル。フロントにファスナーが付けられたものもあり、トイレの時の脱着やこもった熱気を開放したいときなどには便利です。

CW-Xスポーツタイツ スタビライクスモデル

吸汗速乾性能が高く、夏の汗で蒸れにくくハードな運動に対応できるモデル。通気性を重視して動き続けたい釣りにはこのモデル。

ミズノバイオギアタイツ

骨盤のサポート力が高いタイツで、バリバリのスポーツ用タイツとして人気があります。冬用として発熱性能を高めたブレスサーモ搭載モデルもあり、厳寒期の磯釣りなどでも有用性高いモデルが販売されています。

※サポートタイツは立って動いているときを基準に作られており、極めて圧着率が高いのが特徴です。圧力が強すぎるため、筋力が低下している人だと痛くて履けないこともありますので注意が必要です。血圧の疾患や不安がある場合にも念のために医師に相談をして履くようにします。それだけ効果の高いものであるため、上手く目的に合わせて履くようにしましょう。

着圧タイツを履くときの注意点

釣りにおいて着圧タイツを履くときは、不用意に傷をつけないように注意することがあげられます。釣り針を引っ掛けたり、岩場などでこすってしまうと、繊維がひっぱられて伝線して破れてしまうことがあります。

また履くときには縫い目などの位置がずれないように履きます。着圧タイツは、テーピングテープ、スパイラルテープなどの効果を再現しているため、縫い目や圧力の位置が適切に働くように履かなければ効果がありません。履き終えたら位置を整えて、快適な釣りのために活かしていきましょう。

着圧タイツは夏の堤防釣りの虫対策としても有用

丈夫な生地で快適に素肌を覆える着圧タイツは血を吸う虫から身を守るためにも有用です。

夏の海辺で厄介な磯ブヨの被害をほぼ食い止めることができます。磯ブヨは猛烈なかゆみと腫れで、刺された経験ある人にとっては悪夢のような経験です。

磯ブヨ(イソヌカカ)は皮膚表面に止まって、組織をかじっていく特性があります。タイツで覆われた皮膚は磯ブヨの力では食い破れず、効果的に被害を抑えることが可能です。

刺す虫である「蚊・蜂」に対しては完全には防げませんが、完全対策するとなると今度は暑くて不快にもなってしまいます。

快適性と防虫を同時にこなす意味でも、着圧タイツは一着持っておくととても役立ちますよ。