型狙いが熱い5月のキスを擬餌イソメ+イシゴカイで釣る

ゴールデンウィークも終わり落ち着いた海にて、初夏の良型キスをボート釣りで仕留めてきました。

5月はまだ水温が低いですが、この時期は20センチがアベレージとなる良型キスが上がるねらい目の季節。まだ群れはまばらで数釣りするにはボート釣りが有利になりますが、その分大型のキスが釣れるので引き・食味ともに楽しめます。

今回はキス釣りの定番であるイシゴカイのエサと、ガルプサンドワーム、エコギア熟成アクアという疑似餌も使いつつキス釣りを堪能してきました。

基本は引き(さびき)釣りでキスにアピール

キス釣りで使う仕掛けは、簡単な天秤仕掛けを使ったちょい投げ仕様。

ボート釣り用のキス釣りロッドに2500番のリール、天秤、6~8号のナス型オモリ、2本バリの仕掛けというシンプルなもので釣ります。

オモリの重さが違うだけで投げ釣り用の仕掛けと大きく変わりませんが、良型のキスは引きが強く暴れるためハリは2本バリまでとしてトラブル防止を図っています。

まずは生き餌であるイシゴカイを付けて反応を探ります。キスに関しては、アオイソメよりも柔らかいイシゴカイのほうが食いが良いです。

仕掛けを軽く投げ入れると、さっそく2本バリの仕掛けにダブルで食いついてくるほど活性は良い。同行した友人はワームオンリーで釣り始めましたが、こちらも同時にヒットするなどいい群れが入っているようです。

キス釣りは朝一番より、日が昇ってきて太陽が海を照らすようになってからアタリが増えました。水温なども関係してると思いますが、のんびり出かけて昼頃まで頑張るというほうがキスを効率よく仕留められるのではないかと思います。

擬餌イソメとも言われるワームを小さくちぎってハリに付ける

キスがいることは分かったので、次はガルプのサンドワームを付けてみます。今回間違えて太身タイプを持っていってしまいましたが、キス釣りであれば細身タイプのほうが食いは良いです。

1本丸まるではなく、エサ釣りと同様にして小さく食いこみやすいサイズにちぎって使います。キスの場合は3、4センチほどの長さに切って、小さな口でも吸いこみやすくした方がハリに乗りやすいです。

エサ釣りでもワーム釣りでも少しづつ海底を引くのが釣果アップのコツ

キス釣りはただボートからエサを垂れていても釣れるのですが、基本は少し投げてから仕掛けを引いてきます。

さびきとも呼ばれる(アジなどを釣るサビキ釣りとは違う)手法で、小さな群れを作って海底を泳いでいるキスの群れを探しつつエサを引いてくるのです。

ゆっくりと海底の様子を感じながらズル引きしてくると、ゴンゴンッと竿を叩くようなキス特有のアタリが出ました。キス釣りではそのまま引いてくるだけでハリ掛かりします。

※すぐに掛からなくてもゆっくり巻き続けることで追いかけてきて食ってくれます。

今回は使ったガルプが太かったのでフッキングには苦労しましたが、意外とキスはしつこく食らいついてきて、ゆっくりと引いていれば最終的には食い込んでくれるという状況でした。

掛かってくるのは良型ばかり。ある意味では、型のいいサイズに絞るために、あえて太めのワームを使ってみるのもいいかなと思いました。

友人が持ってきた緑色の熟成アクアミニイソメも使ってみます。こちらはガルプよりもさらに柔らかくフニャフニャしており、いかにもキスの食い込みがよさそうなマテリアルです。

同じように少し投げては底に落とし、ゆっくりとリールを巻いて海底を引いてきます。

写真がかなりぼやけてしまいましたが、熟成アクアミニイソメのワームでも全く問題なくアタリが連発。小型のキスであっても果敢にワームに食らいついてきます。

食い込みに関しても問題なく、ガルプサンドワームを飲み込んで上がってくるキスもいました。まさに餌と同じように使えて、イソメ類が苦手な人でも釣れる画期的なワームだと思います。

イシゴカイを使った餌釣りでももちろん食ってくるのですが、不思議とアタリの数でいえばワームを使ったほうが多かったです。ガルプや熟成アクアの特徴として、強烈な臭いがするワームでもあります。このにおいに釣られて、遠くにいるキスが反応して食ってきている可能性は十分ありますね。

ワームで釣ってると珍客も続々釣れる面白さがある

キスが釣れる場所では様々な魚が潜んでいます。今回ヒットしてきたのは良型のマゴチ。マゴチはキスの泳がせ釣りでも釣れる魚でしたが、今回はワームをズル引きしている途中に食いついてきました。これはこれで大変うれしい、外道と呼ぶにはもったいない珍客です。

一方で、お呼びでない珍客として小型のエイすらも食ってきた。こいつは小型とはいえ毒針が危ないので、ペンチでハリを外してお帰りいただきました。

日が昇って暑くなってきたため10時ごろに撤収。半日の釣りでもキス32匹+外道と十分な釣果を得ました。

ガルプサンドワーム・エコギア熟成アクアは、もっと釣りたいのにエサが無くなってしまったときにも役立ちます。常温保存出来て持ち運びも容易なため、キス釣りではタックルバッグに忍ばせておくと活躍してくれますよ。

良型のキスは天ぷらでも刺身でも美味しくいただける

釣ったキスは定番の天ぷらにして天丼に。ほくほくな白身はやはりサッと揚げると美味さが引き立ちます。

大型が釣れたので刺身にもしました。キスは淡泊な白身なのですが、皮目に脂が乗るという特徴があります。

3枚におろしたら皮目に十字の切り込みを入れる。その上にカーゼやキッチンペーパーを被せ、軽く熱湯をかける調理法が「松皮造り」。

皮目の脂が溶け出して上品な白身にじわっと広がる脂が乗って大変美味でございました。※ガスバーナーなどがあれば、炙りにしてもキスの旨味が引き立ちますよ。

キスを捌いてみて気づいたのですが、キスのお腹からはシラスのような小魚がたくさん出てきました。海底の虫エサだけを食べているわけではなく、魚の稚魚も捕食しているようです。ワームにもガンガン食いついてくる理由が分かりました。

中々刺身にできるようなキスは釣れないですが、5月から6月の初夏の時期は大型キスが接岸するチャンスです。この時期はレンタルボートなどを借りて、良型のキス釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。

5月・6月のキス釣りは大型揃い!身近な砂浜海岸でボート釣り
ボートでのキス釣り爆釣のコツ!釣れないときはボートを流す