チヌ(クロダイ)のウキフカセ釣りに必要な道具・あった便利な釣り具

チヌ(クロダイ)のウキフカセ釣りは非常に多くの道具を使います。これぞ釣り師と言えるような、ガチの釣り具ばかりでとっつきにくい部分あるかもしれません。

これから始める人にとっては大変に見えますが、一度揃えれば長く使っていけるものばかりです。私も主要な道具はかれこれ10年使い続けています。

ウキフカセ釣りで必要な道具、便利な道具をどのように選んだらいいのか?それぞれ解説していますので参考にしていただけたら幸いです。

目次です

クロダイのウキフカセ釣りで必須となる釣り道具

ロッドは磯竿0号から1.5号を使う

チヌのウキフカセ釣りで使う釣り竿は、一般に磯竿と呼ばれる5メートル前後の釣り竿を使います

単純にウキフカセ釣りするだけならばサビキ釣りをするような万能竿でも可能ですが、仕掛けが長くなるので長めの竿のほうが取り扱いがしやすいです。

磯竿では竿の強さが号数で表示されており、チヌ専門で買うなら0号~1号の磯竿。グレやスズキなどの広くウキ釣りも楽しみたい場合1.5号が万能で使えるサイズです。

チヌ専門竿についての考察は別途していますが、専用でなければ釣りができないものではないので手持ちのタックルと相談しましょう。

一般的な磯竿とチヌ(クロダイ)釣り専用フカセ釣り竿の役割と違い

リールはスピニングリール2500番~3000番

10セルテート2500

ウキフカセ釣りはスピニングリールの2500番程度が最も一般的で使いやすいです。チヌ釣りに限って言えばそこまでこだわることはなく、2000番ほどを使う人もいるし特に専用の磯用レバーブレーキ搭載リールを購入する必要はありません。

注意点は、仕掛けが細く・軽くなるので糸癖が付きやすくなること。ラインローラーにベアリングが入り、糸絡み防止機構が備わったリールであればトラブルなく快適に釣りができます。

リールに巻く道糸は磯用フロートナイロンライン

リールに巻く道糸は扱いやすいナイロンラインの2号から2.5号が使いやすく、強度も十分で50センチ以上のチヌとも余裕でやり取り可能です。

磯用のラインが多数販売されていますが、特に理由がなければフロートラインを選びます。道糸は浮いたほうがライン操作しやすく、アタリもとりやすいです。

ハリスはフロロカーボンラインが有利

組み合わせるハリスはフロロカーボンラインがベスト。岩や海藻にラインがこすれても摩耗に強く、根ズレによる糸切れを低減できます。

道糸の強度や竿の強度で変わりますが、1.7号から2号ラインを使えば大型チヌとのやり取りも強引に仕掛けることができます。

ラインメーカーは様々なメーカーが出していますが、個人的にはシーガーグランドマックス系か、トヨフロンスーパーL・EXが糸癖付きにくくて使いやすかったです。

東レ(TORAY) ライン トヨフロン スーパーL EX 50m 1.7号

東レ(TORAY) ライン トヨフロン スーパーL EX 50m 1.7号

1,655円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 2号

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 2号

1,600円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

コマセを入れるバッカン35センチから40センチサイズ

ウキフカセ釣りで重要なコマセを入れるバッカンです。こちらはサビキ釣り用とは異なり、固い補強が入れられた丈夫なものを買うようにします。(折り畳み式などは使いにくいです)

大体35センチ~40センチサイズであれば、半日分のコマセ(オキアミ3キロ+集魚剤2袋)を入れてちょうどいいくらいの大きさになります。

大きすぎても大変なので、コマセが入って丁度良いサイズを買いましょう。一度買えば長く使えるので、ここはお金かけてもいいです。私もダイワのプロバイザーバッカンをもう10年使い続けています。

コマセを投入するための柄杓(ヒシャク)

コマセの投入に重要なヒシャク。ここは初心者の人が良く間違いやすいのですが、柄が長くて・硬いヒシャクを買うようにします。

硬いと飛ばなさそうに見えますが、腕を振れば適度にしなって遠くまで飛びます。カーボン製の柄のものが一般的で、60センチから70センチくらいのサイズが扱いやすいです。

カップの部分はプラスチック・ステンレス・チタンと様々ですが、長く使い続けるのであればチタン製が軽くて丈夫です。値段も張りますが、ヒシャクにはお金を掛けたほうが釣りやすいし腕も上達すると思います。ウキフカセ釣りでは、竿やリールよりもお金を掛けたい道具です。

コマセを混ぜ込むマゼラー

コマセを混ぜ込むためのマゼラー。こちらも安物は買わないほうが良いです…。チヌ釣りの場合は、比重が重く粘りのあるコマセを作ることになります。やわなマゼラーだと折れてしまい使い物になりません。

私は過去1000円ほどの安物を買ってましたが、釣りの最中にことごとく破損しました。以降、メーカー製の丈夫なものを買ってからは一切トラブルなく使い続けられています。支柱の部分が太く丈夫なものを買うことをおすすめします。

ダイワ(Daiwa) 撒き餌 ミキサー コマゼV 400L コマセ

ダイワ(Daiwa) 撒き餌 ミキサー コマゼV 400L コマセ

1,945円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
シマノ ワンピース コマセミキサーX MX-093G ブラック 986092

シマノ ワンピース コマセミキサーX MX-093G ブラック 986092

3,042円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

水汲み用のロープ付きバケツ

水汲みバケツは小型でいいので、ロープ付きで高場からも海水が汲みやすいものを買いましょう。

  • 汚れた手を洗う
  • コマセの硬さ調整で水を入れる
  • ヒシャクに着いたコマセを落とす
  • 帰りに釣り場をきれいに流す

とフカセ釣りでは用途がたくさんあるため忘れると大変な道具です。

ダイワ(Daiwa) 水汲み バケツ バッカン S19(J) ホワイト

ダイワ(Daiwa) 水汲み バケツ バッカン S19(J) ホワイト

1,836円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
シマノ 水汲みバッカン BK-053Q ブラック 21cm

シマノ 水汲みバッカン BK-053Q ブラック 21cm

1,954円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

大型チヌを取り込む玉網(タモ)

フカセ釣りで使う釣り竿は穂先が柔らかいため、安易に釣った魚を抜きあげると折れてしまいます。またかかるチヌは大型であることも多いため、タモは持っていくようにしましょう。

重要なのは「タモの柄」で、足場の高い堤防などで海面に伸ばして届かないと魚が掬えません。5メートルあればよほどの堤防は大丈夫ですが、高い堤防へ行くのであればタモの柄の長さを確認して買いましょう。

ウキは複数種持っていく

ウキフカセ釣りで使うウキについては、非常に長くなるので別途まとめています。

まずこれからウキフカセ釣りを始めようという場合には、ドングリタイプのウキで以下のサイズを用意しておくと色々な釣りに対応できます。

狙うタナ使う仕掛け
G23メートル前後固定・半誘導仕掛け
B5メートル前後固定・半誘導仕掛け
2B7メートル前後半誘導仕掛け
5B10メートル以上の深場半誘導仕掛け
03~5メートル全誘導仕掛け

タナは釣り場で刻々と変化しますので、潮の速さや風の有無などで使い分けます。浮力が大きくなるほど魚に与える違和感も大きくなるため、狙うタナに対して最小限のサイズを使い、エサをチヌの元へ届けるのです。まずは基本サイズを用意しつつ、釣り場に合わせて対応できるようにします。

ウキフカセ釣りで使う円錐ウキの役割と使い方・選び方の考察

ウキ止め糸・シモリ玉・潮受けゴム

ウキ止め糸は半誘導仕掛けにおいて、タナを調節するために使います。

シモリ玉も半誘導仕掛けにおいて、ウキの穴をウキ止め糸が通り抜けないようにセットしていきます。

潮受けゴムは無くても良く、別途「からまん棒」という小さな棒状のパーツを組み込むことも可能。こちらはあると便利で、糸絡みが少なくなるのと、ウキがハリスの下まで落ち込むのを止めてくれる役割もあります。

デュエル(DUEL) スーパーウキ止メ オレンジ

デュエル(DUEL) スーパーウキ止メ オレンジ

152円(05/22 21:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
釣研 徳用 小粒シモリ 中

釣研 徳用 小粒シモリ 中

638円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

ガン玉は大小さまざまなサイズを持っていく

ガン玉はウキの浮力に合わせたサイズのものを持っていきます。仕掛けを素早くチヌのタナへ落とし、海中で狙ったタナへ仕掛けを固定するために重要な役割を持つものです。

ウキの浮力に合わせたサイズ以外に、極小サイズであるG5~G8サイズも揃えておくと便利。潮が早くて仕掛けが浮いてしまう場合や、波が強くてウキを少し沈めたいときなど浮力の調整に使えます。

ゴム貼りガン玉と言って、ゴムでコーティングされたガン玉もあります。こちらはハリスを傷つけないし、付け替えも容易なので愛用していますが、やや値段が張るのが難点。

ヤマワ産業(Yamawa Sangyo) ゴム張ガン玉ハードタイプ / B

ヤマワ産業(Yamawa Sangyo) ゴム張ガン玉ハードタイプ / B

320円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

チヌ用の釣り針2号から4号程度

チヌのウキフカセ釣りでは、チヌ針の2号から4号ほどをよく使います。違和感なくエサを付けるにはこのサイズがベストだと思います。

初めは3号、4号を使い、食い渋るなら2号へ落とすなど、チヌの食い込み次第で使い分けていきます。

ハリはフグに食われたりして無くなるので、余裕をもって持っていくようにしましょう。チヌの固い口のせいで針先が潰れる場合もあります。意外とハリ交換の頻度が多いのです。

ペンチ・針はずし・フィッシュグリップ

チヌが釣れた時には必ずペンチでハリを外します。非常に硬くて鋭い歯を持つため噛まれると大惨事。他にも毒のある外道などが釣れることあるため、安全に魚を処理できる道具は持っていきましょう。

フィッシュグリップ活用のススメ【バス持ち厳禁な魚たち】

ライフジャケット(収納が多いほうが便利)

ダイワライフジャケット

磯に限らず、堤防でも必須のライフジャケット。軽量な膨張式も便利ですが、ウキフカセ釣りは持っていく小物類が多いので、ベストタイプのライフジャケットが便利です。

既に膨張式を使っているなら、+フィッシングベストなどを着込んでもいいので、収納にはこだわってジャケットを選ぶと無駄のない釣りができます。

海釣りのライフジャケットの選び方!フロート式と膨張式どちらがいいか?

フィッシンググローブ

安全のためにフィッシンググローブも推奨。コマセを混ぜたり、ヒシャクを振るときもグリップしたほうがやりやすいです。

フィッシング用のスパイクブーツ

足場の悪い場所で釣るときに限らずスパイクブーツ推奨です。足元の安全性が強固になれば、それだけ竿を振れる場所も広がります。

釣り公園だけならスパイクでなくてもいいですが、コマセで汚れるのでブーツタイプの方が後々掃除もしやすいです。

釣り用の滑り止め靴の選び方!スパイク、フェルトどちらがいいか?

持っておくと便利なチヌのウキフカセ釣り小物

必須ではないけど持っておくと便利な釣りの小物。私はウキフカセ釣りを始めたころは持っていませんでしたが、のめり込むにつれて徐々に買い足していったものです。

あると便利とはいえ、ページを作っていて必須かなぁと思うものもあり。。。予算が許せば最初に揃えてしまってもいいかなというのが本音です。

ストリンガーもしくはスカリ

ストリンガーとは、釣ったクロダイの口に金具を差し込み、ロープで海面に吊ってキープしておくための道具。ストリンガーは場所もとらないし持ち運びも容易なので便利。

スカリは魚を入れておく網(ビクともいう)でウキフカセ釣りで使う人は少ないかもしれませんが、チヌ以外の小物がたくさん釣れる磯・沖堤防へ渡るときにはあると便利。美味しい外道も活かしておくことができます。

プロマリン(PRO MARINE) ストリンガーセット ATE200

プロマリン(PRO MARINE) ストリンガーセット ATE200

862円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

ウキ回収用のパラソル

根がかりをしてラインを切った時、切りどころが悪いとウキをロストしてしまいます。ウキ取りパラソルは、ロスとして海面に流れたウキを回収するためのパーツ。

ウキは高価なものも多く、1つ1,000円近くするものもざらです。目に見えているのに流されていくのを見送るのは非常に悲しい。ウキだけは確実に回収するための小道具です。

ダイワ  ウキトリパラソル

ダイワ ウキトリパラソル

1,372円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

ラインカッター、ガン玉開き

ラインカッターやガン玉開きは、もともとペンチ1本で賄っていました。しかし、小型の専用品を買ったことで利便性が増し、釣りにおけるストレスはなくなりました。

ガン玉の調整は頻繁に行いますし、ハリ結びで余った糸を切るなど活躍します。別途ピンオンリールというものでジャケットに付けておきます。

スノーピーク(Snowpeak) ガンダマレンチ

スノーピーク(Snowpeak) ガンダマレンチ

1,296円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
ダイワ  ダブルピンオンリール

ダイワ ダブルピンオンリール

1,014円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

落下防止用のロープ

落下防止とは、ヒシャクやペンチなどのよく使う小物が海に落下しないように固定するロープです。尻手ロープとも呼ばれ、竿の尻(手元)に結んで落下を防止するためにも使われます。

ヒシャクにはこれを取り付ける穴が開いていますので、スナップで引っ掛けてバッカンなどに固定しておくのです。いざ使うときに邪魔にならないよう伸縮性のロープが使われています。

TAKAMIYA(タカミヤ) 武勇伝 スパイラルコード JL-1111  S

TAKAMIYA(タカミヤ) 武勇伝 スパイラルコード JL-1111 S

532円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

何度か柄杓を落として死にそうになりながらテトラの中で回収したことがありました。高価な道具をロストするのは痛いので、事前に落としやすいものは対策しておくのです。

偏光グラス

サイトマスター偏光グラス

偏光グラスはあるとないとではフカセ釣りの効率が全然違います。海底の様子が分かることで、狙うべきポイント(海底の根や沈みテトラ、深くて色が変わる場所)が分かりやすくなります。

またコマセに集まるエサ取りの種類を容易に把握できるため、エサ取り対策が非常にしやすくなるのです。いい偏光があれば釣りが大きく変わりますので、偏光グラスは持っていくといいです。

サイトマスター偏光グラス
偏光グラスは海釣りに必須?釣果を左右する偏光グラスの選び方

バッカン装着のロッドホルダー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロッドホルダーはあると便利ってパーツ。バッカンに装着し、手元でロッドを置けるようになります。

ちょっとした休憩や仕掛けづくりの時に両手がフリーになるのは大きい。竿も傷つかないし、何よりも姿勢変化も少なくなるので疲れにくくなります。腰痛持ちの人にはおすすめ。

第一精工 バッカン受三郎 小継三段式

第一精工 バッカン受三郎 小継三段式

3,183円(05/22 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

背負子

長い堤防で釣りするとき、荷物を快適に運べる背負子はあると便利。簡易的なキャスター付きのものなら2,000円ほどで売っています。

本格的に地磯などに行くようになると、荷物がかさばるフカセ釣りでは必須。ただし強烈に重いし背負うのが大変なので、荷物そのものを減らす工夫をしたほうがいいかもしれません。

チヌウキフカセに着ていく服装やスタイルは何が良い?

ここまでチヌのウキフカセ釣りに必要な道具についてまとめてきましたが、最後は釣り場へ着ていく服装です。

いかにも釣り師的なガチガチスタイルしてる人多いですが、普通にアウトドア系の服とかゴルフウェア+ライフジャケットなどでも問題ないです。

ただし、コマセが飛んで汚れますし、釣り場ならではの過酷な環境も加味して、快適に釣りができる服装をチョイスしていくようにします。

帽子は日焼け対策・防寒目的として必須

まず帽子は必須。春先から夏場は日焼け対策と熱中症対策。冬場は防寒にもなるため、帽子は必ずかぶりましょう。

アワセ損ねてハリの付いた仕掛けが飛んでくることもあるので、頭を守るためにも帽子を忘れないように。

夏はラッシュガード+レインコートのズボン(肌は出さない)

夏から秋の服装は、私の場合以下のようないでたち。

  • 帽子
  • 上半身はラッシュガード
  • 下はスポーツタイツに短パン
  • ライフジャケット
  • スパイクブーツ

ジョギングするような格好に+ライフジャケットとブーツ。雨が降ればレインウェアを上下着るようにします。

汗をかいても蒸れにくく、かつフカセ釣りの動きを妨げないとして普通のスポーツする時のスタイルをベースとしています。

ポイントは、できるだけ肌は出さないこと。夏場は吸血昆虫も多く出ますし、日焼け、テトラや岩場でのケガ防止の観点から肌を覆う服装が基本です。

冬は着ぶくれせず動いを妨げないフィッシングウェア

冬のスタイルとなると、フカセ釣りでは色々問題が出てきます。

寒いのでつい厚着してモコモコに着込みたくなりますが、あまり着ぶくれするとフカセ釣りの動きを妨げてしまいます

また意外と激しい動きのため、ちょっと動くと汗をかきます。コマセ作った後なんかは真冬でも汗だく。着込んだ素材次第では、汗冷えして風邪をひきやすいのです。

冬に関してはフィッシングスーツを着て、なるべく着込まないでも暖かくなるように調整をしています。

寒がり冷え性釣り人がチョイスした防寒装備「頭から足元まで」

チヌフカセ釣りで使う道具まとめ

改めてみるとフカセ釣りは非常に道具が多く、釣りの中でも重装備に入る部類の釣りですね。磯釣りを始めるとさらに増えますが、今回は堤防・沖堤・地磯・テトラなどの歩いて行けるフィールドを想定して道具をまとめています。

ただ、これらの道具はハードな磯釣りでも使えますし、今後さらに色々な釣りをしていきたいときでも使えるものが多いです。初めにお金がかかってしまうので大変ですが、お金をかけるべきところとかけないところを見極めればウキフカセ釣りは楽しめます。

お金かけるべき道具

  • コマセを撒くヒシャク
  • コマセを入れるバッカン
  • ウキ
  • マゼラー
  • ライン
  • 安全装備

お金を掛けなくても十分釣り出来る

  • ロッド
  • リール

そう、フカセ釣りでは釣りで最も高価な道具である、竿とリールはあまりお金かけなくても楽しめます。使えるものは上手く流用しつつ、フカセ釣りならではの重要な動作「コマセワーク」と「仕掛けづくり」を向上させる道具にお金をかけるようにしていきましょう。