【海上釣堀】シマアジの「見釣り」メソッド・仕掛けと有効なエサ

海上釣堀でとりあえず釣っておきたいというのがシマアジ。一般にスーパーではまずお目にかかれない、食味も極めて良好で魚体からは想像もできない引きも楽しめるとあれば釣るしかない。

しかし仕掛けを見切りやすいし絶対数が少ないのでなかなか釣れない魚でもある。そんなシマアジを狙って釣るための「見釣り」(地域によって色々な呼び方があるやもしれん)というものについて考えてみようというのが今回のテーマです。

見釣りという名前の通り、表層で目視できるシマアジを狙い撃ちする釣り方。シマアジは釣堀のイケスの中を、群れを作ってぐるぐる泳いでおり、基本的には中層にいます。マダイなどよりもやや浅めのタナで狙うのですが、思いっきり上まで浮いてくることがあります。特に春~初秋の暑い時期はこうした光景をよく目にします。

見えている魚は釣れないと言いますが、釣堀のシマアジに限っては見えてるほうが釣りやすい。浮いているシマアジを見つけたら「見釣り」のチャンス!仕掛けの準備を手早く済ませ、群れが移動しないうちに釣り上げていきます。

シマアジの見釣りで有効となる仕掛け

シマアジの見釣りはウキ釣りであっても脈釣りであってもどちらでも使えます。それぞれメリットがあるため、釣堀の状況によって使い分けるとよいです。

まずはウキ釣り仕掛け。ウキは正直なんでもいいです。見釣りにおいてウキはアタリを取るというよりも、仕掛けを飛ばすオモリの役目。

クッションゴムやガン玉は外し、できれば道糸とハリスは直結。余計な重量物を限りなく付けないほうが良く、針とエサの重みだけでフワフワと表層シマアジの目の前を漂わせるようにします。

ウキ釣り仕掛けのメリットは遠くまで仕掛けを飛ばせるため、群れが目の前にいない時でも狙うことができます。どうしてもウキを介してしまうため、糸ふけができやすく合わせのタイミングが遅れることがあるのがデメリットとなります。

脈釣り仕掛けの場合は、基本的にウキ釣りと同じですがこちらも基本的にはノーシンカーに近い超軽い仕掛けで臨みます。

私は道糸となるPEラインに、フロロカーボンのハリスを直結しています。ガン玉を外せば重量物はハリ以外なくなるのですが、仕掛けを送り込むのに苦労するのが難点。

シマアジのタナへピンポイントで仕掛けを送り込み、自然に食わせて合わせるという一連の流れは脈釣りのほうがやり易いように思います。

見釣りで有効なエサはシンプルに2種類(ダンゴとシラサ)

見釣りで使うエサはまずはシラサエビが有効なエサとなります。できるだけ小さめのものを使い、シマアジがパクっと一口で食べられるようなサイズにするのが◎。あまり大きすぎると、エビだけついばまれて針が口の中に入らないことが多いのです。

見釣りの場合は、シマアジがエサをくわえた瞬間を狙って合わせます。よく目立つ大きなエビがよさそうにも思いますが、どのみちシマアジの目の前に狙ってエサを落とすので食い込みを優先させたほうが吉と出る場合が多いです。

もう一つは釣堀エサの定番であるダンゴ。定番のマルキューマダイスペシャル(赤)を使うことが多いですが、見釣りでは目立つイエローが有効なこともあります。

ダンゴをエサに使う場合は、半分くらいに小さくちぎって針先に付けるようにします。あまり大きいと沈下速度が速くタナを過ぎることもあるうえ、口先でついばまれるだけで食い込んでくれないこともあります。

見釣りではしっかり食い込んでくれないことを前提にして、シマアジが一口で咥えやすいエサの大きさをチョイスしていくのが有効です。

見釣りでの釣り方はアワセのタイミングが命

さて、仕掛けとエサが用意出来たらいよいよ実践です。浮きシマアジの群れを見つけたら、そっと群れの近くに仕掛けを送り込みます。

シマアジが泳いでいるであろうタナにエサが届くように、糸を緩めながらハリとエサの重みだけでゆっくりと落とし込みます。

ここでシマアジが興味を示せば、エサに向かって泳いでくるのが見えます。あとはエサの様子をじっくりと観察し、エサが視界から消えたと同時にアワセを入れる。これだけ。

運良ければ食い込んでくれますが、結構な確率で吐き出してしまうため即アワセのほうが釣果に繋がりやすいです。

浅いタナで食わせるので、とんでもなく元気に走りだすことがあります。急に糸を出されてラインブレイクしないよう、ドラグは少し緩めにしておくとよいです。

ほぼ必須となる偏光グラスがあればアワセの精度が格段に上がる

見釣りは特に専用の道具が必要ということはなく、むしろ極限までシンプルに無駄を削ぎ落した仕掛けが最も有効です。

ただ、一つだけあったほうが良いのが「偏光グラス」。

見釣りではシマアジの姿を視認するのはもちろんですが、何より重要なのはエサを食ったタイミングで素早くアワセてフッキングすること。

非常に高い確率で食い込まずにエサを吐き出してしまいます。やはり相手からもこちらが見える状況ですから、食った後に何かヤバい。。。と気づく感じでしょうか。

中には食いこんで走り出す奴もいますが、より確実に獲るためには海中の様子がクッキリ分かる偏光グラスは必須とも言える装備なのです。

釣堀ではあまりいらないという意見もありますが、魚をバラしたときに仕掛けが顔に飛んでくることもあります。目や顔の保護という点からも有用な装備なので、釣堀での釣りでも偏光グラスは持っていきましょう。

何度か釣り続けるとスレる!しかし対処法はまだある

調子よく何匹もシマアジを釣っていると、次第に食わなくなり、エサを追いかけてきてもすぐにUターンしてしまうようになります。

いわゆるスレた状態で、こうなると何度仕掛けを打ち込んでもなかなか釣れなくなります。

対処法はあるので以下を試してみます。

  • エサをチェンジ(シラサ⇔ダンゴ⇔ダンゴ色違い)
  • ハリスを細くする(下限は1.75くらい)
  • ハリを小さくする(エサで隠せる小さなグレ針など)

個人的にはエサを変えるよりも、ハリスを細くするのは意外と効きます。ハリスが細いと仕掛けを見破れなくなるのか、それともエサの動きが自然に見えるのか、いずれにせよ食いつくようになることもあります。

ハリについても同様ですが、いずれも釣り人の腕が要求されるようになるのが難しいところ。リールのドラグ設定が甘いと簡単に細ハリスは切られますし、針が小さければフッキングのタイミングがシビアになるからです。

他の釣り人もいますので、ばらさず1匹1匹確実に獲っていくのが一番ですから、初めから追い込まずに魚の食いを見ながら徐々に変えていくのが良いと思います。食うときは5号ハリスに、青物用のデカい針にも食ってきます。

と、ここまで簡単に見釣りについてまとめてみましたが、釣りに関することは実際に釣り場で実践しないとなかなか実感できないと思います。まだ見釣りをやったことがない、見釣りで釣れたことがないという人はぜひチャレンジしてみてください。