堤防釣りに最適な釣り用クーラーボックスの選び方

のんびり堤防釣り

魚釣りで使うクーラーボックスは様々なサイズ、形、グレードのクーラーボックスがあり、最近では後付けのオプションパーツも充実しています。

釣り用品店などで山積みされていたりする光景も目にしますが、意外と説明らしきものが少ないのでどれを選んだら良いか迷ってしまう場合もあると思います。今回は堤防つりで持っていくときにどのようなクーラーの選び方をまとめてみました。

クーラーの素材と中身の違いで値段が変わる

クーラーボックスと言っても、値段も1000円前後~6万円前後と価格も幅広いです。ホームセンターなどでアウトドアブランドのクーラーボックスも多数ありますが、同じ価格ならば、日本の釣りメーカーの商品の方が圧倒的に保冷力があります。

クーラーボックスの価格差は 『 保冷力の差 』

一言でいえばこの一言に尽きます。ちなみに、クーラーボックスは高くなればなるほど、かなり重くなります。店頭で、同じメーカー、同じサイズで同じ形ですが、色、デザインが多少違うだけで、値段が2倍違う商品を見かけたことありませんか?クーラーの壁の中身の違いで価格と保冷力が全く違っています。

  • 真空パネル (4万円~)最高級だが重い。熱伝導の無い真空パネルを内臓
  • 発泡ウレタン (1万円~3万円くらい)厚みもしっかりして一般的なクーラー
  • 発泡スチロール (~1万円くらい)安いが保冷力は弱く夏場は厳しい
  • スポンジ、中身なし (5000円以下)持つととにかく軽い

上記価格は目安です。

メーカーによって素材表記が違う場合がありますが、分類としては同じです。

真空パネル使用モデルは2~3日の遠征や、真夏の炎天下では効果を発揮しますが、堤防釣りではオーバースペックかもしれません。磯釣りなどの遠征では長時間氷を維持できるのと、撒きえさのオキアミブロックを保管したりするので買う人が多いです。

熱を通しにくい素材で作られた発砲ウレタンを中身に使用したモデルや、一部のみ真空パネル採用のものが堤防つりで役立ちます。1万円~3万円の物を選ぶとグレードとしては十分だと思います。

サイズによっても冷却力は変わる

サイズや形ですが、ここが迷いどころです。大きすぎても物がないスペースが多くなるとクーラー内の空気を冷やすのに氷の冷気を使ってしまい、性能の割には氷が持たないということにもなるのでクーラーに限っては大は小をかねるという考えで選ばない方が無難です。

対象魚や、冷やしたい物によって決めるとよいでしょう。例えば、釣った魚を持ち帰りつつ、飲み物や弁当など一緒に入れる場合20リットル~30リットル必要です。オキアミ、コマセを入れる場合も20リットル以上あると余裕があります。

移動の多い釣り(シロギス、秋のアオリイカ・根魚やアジなどのライトルアーなど)は10リットル以下の小型が便利です。小物釣りがメインで、サビキ釣りや投げ釣りで、ハゼなどの小魚を狙うのがメインであるならいっそ小さなものが優れます。小さいほどクーラー内の空気の温度変化が無く、冷却力が高くなるためです。

スズキ(シーバス)やチヌ(黒鯛)など魚のサイズが大型(40cm以上)で、魚を曲げたくないときは幅広タイプの20リットル以上必要になります。

店頭で、サイズ見本としてペットボトルを置いてあったりしますので参考にしてみてください。

クーラーはあとからカスタムできる

クーラーには関連商品も多くあり、自分なりにカスタムするのもオススメです。

  • 貼りつけロッドスタンド、投げ用オモリケース
  • クーラーの内側サイズに合ったバッカン(小物入れ)
  • クーラーの中を分ける用の小型仕切り
  • 幅広ベルトや肩パット
  • 専用保冷材(釣った魚が凍る強力なものもあります!オススメです)
  • 滑り止めのゴム(底面用)

などが発売されていて、クーラーボックスをより効果的に使えるように工夫してみてください。

クーラーボックスの保管や使用上で注意してほしいこと

  • 釣りしているときにクーラーボックスに座るのはやめましょう! ふたのゴムパッキンがつぶれ、保冷力低下します。
  • 使用後は食器洗い洗剤でスポンジ洗いしてください。内側の細かな傷がカビや臭いの原因になります。
  • 洗浄後は充分に陰干ししてください。水気が残っているとニオイの元です。
  • 極力落とさないでください。割れが保冷力低下や、壁面内部に水分が入るとカビや変形の原因になります。

車輪が付いている場合でも、堤防の移動には不向きです。ごつごつした岩肌を移動するような強度は持ち合わせていないことが多いので、車内や船内で位置をずらす程度のものです。移動にはキャリーカートを使用してください。

クーラー一つとってもつりという趣味の道具ですから、こだわって選ぶのも目的に応じて割り切って選ぶのも楽しみがあります。あくまで魚を釣るという目的からしたら補助的な釣具ですが、お気に入りを見つけられれば釣りに行くのが楽しくなり、魚を釣ってやるぞという意気込みも増しますね。ぜひ色々手にとってお気に入りのクーラーボックスを選んでみましょう。

Pocket