アイナメは夜行性?それとも昼間に釣れる魚?

アイナメは昼行性の魚といわれています。

夜の間は寝ているもしくは活性が非常に低いというのが一般に分かることですが、最もアイナメが釣れる時間帯はいつなのかを検証しました。

初めに言っておきますと、アイナメがもっとも釣れる時間は朝マズメ!日が昇る直前4時5時辺りから、昇り切るまでの3,4時間が勝負です。何度もアイナメを釣ってきた中で、朝マズメは本当に釣れだすと連続ヒットということも少なくない状況が多かったですね。

逆に夕マズメはどうかというと、いまいちぱっとしないことが多かったですね。どちらも魚が一番つれる時間帯ということなんですが、アイナメの場合は夕方よりも朝の数時間で勝負をかけたほうが効率はよさそうです。

夜釣りではアイナメって釣れないのか??

では夜はどうかというと、意外にも夜でも釣れます。ただし単発的にしか釣れないことが多いです。

夜のアイナメ釣りの特徴としては、単発でしか釣れない代わりにつれてくるサイズは大型が多いということ!30センチ超えるポン級と言われるサイズがほとんどで、小さな20センチ未満のサイズは夜は滅多に釣れないです。

夜釣りが好きという人は根気よく探ってみると思わぬ大型アイナメに出会える可能性がありますね。そのまま朝を迎えれば確実にチャンスは増えます。

問題はこのくそ寒い時期の夜の海で釣り人の気力と体力が続くかということなんですが、そんなことは愚問だ!という人はぜひ夜釣りをやってみてほしいですね。

Pocket