フカセ釣りで釣る「アジ」!良型アジを狙う棚と仕掛けの考察

アジ

アジといえばサビキ釣りのイメージが強いですが、少し沖の良型を専門に狙う方法としてアジをフカセ釣りで釣るという選択も有りです。

秋も深まるとアジの型も良型が狙えるようになり、サビキ釣りでは狙いにくい深い棚がポイントになってきます。水深が深い漁港では、少し沖のポイントを狙うことで食べごろのアジが釣れだすのでこだわって釣るのも一興。

軽い仕掛けを自在に操るフカセ釣りは、魚を釣る技術の向上をダイレクトに実感できる釣りとしてマニアの間でとても人気があります。フカセ釣りの対象魚として人気なのがクロダイとメジナですが、アジを狙うのもとても面白いものです。今回は、フカセのアジ釣りについて、解説をします。

フカセ釣りの仕掛けの説明

アジフカセ仕掛け

用意する仕掛けは、チヌやグレを狙う装備と同じものを使えます。磯竿の1号程度に中型の2500番程度のスピニングリールがあればフカセ釣りに十分。アジは口が柔らかく、丁寧に扱わないとすぐにバレてしまいますから、竿は1号程度のなるべく柔らかいものの方がバレに難くスリリングなやり取りを楽しめるのでオススメです。

アジ釣りの際に釣果の分かれ目になるのがウキの浮力設定です。アジは食いが渋るとフッキングするのがとても困難になります。その対策は大別して2つあります。1つはウキを浮かして微アタリに対して積極的にアワセを入れること、もう一つがウキの浮力を消して食い込み抵抗を極力無くし、しっかり餌とハリを吸い込むまで待つことです。両方の釣り方を試しながら、状況に応じて使い分けましょう。

サビキ釣りで釣るようなアジは表層に群れていることが多いですが、型狙いとなると底の方に固まっていることが多いのもアジの特徴。棚は表層から徐々に深くしていくようにしていくと、良型がかかってっくる可能性が高くなります。

マキエサとツケエサの選び方

アジなどの青魚は、アミエビをたいへん好みます。そのため、マキエにはなるべくアミエビブロックを解凍したものを使用したいです。アミはそのまま海水で薄めて使用するのもよいですが、そうするとベチャベチャして足元しか狙えないので、配合餌を混ぜることで遠投もできるようにしておきたいです。釣り場によっては、足元には外道の小魚しかいないケースもあるので、遠投ができるように配合餌を準備しておきましょう。

ツケエサはオキアミが基本となります。加工したオキアミには味が付いていたり、硬く加工されて餌持ちが良くて便利ですが、口の柔らかいアジは硬い加工オキアミを嫌うこともあります。そのため素のままのオキアミとして、冷凍ブロックでも小さく小分けされたものがありますからできれば準備しておきましょう。

釣ったアジの処理

フカセ釣りで専門に狙うアジは、良型が多いですよね。小型と違い様々な料理に使えますから、適切に処理をしていくようにしましょう。釣りが終わるまで活かしておくことは難しいので、釣り上げたアジは釣り上げるたびにエラにナイフを入れて、血を出してからクーラーに入れましょう。クーラーの中身は塩氷(海水+氷)の状態にしておくと、しっかり冷やすことができて鮮度を保って美味しく頂くことができます。

Pocket