キジハタ釣り~越前海岸では何月ごろまで釣れるのか?

キジハタ

越前海岸でキジハタを釣る場合って、何月まで釣れるんでしょうか?

キジハタの旬は9月10月頃と言われていて、もっとも岸に接岸する時期です。この時期であればボートで繰り出さなくても堤防から釣れてしまうのですが、釣れる時期はいつまでかが気になります。

色々調査したところ一定のパターンが見えてきましたのでメモしておきたいと思います。

堤防でのキジハタ釣りの年間スケジュール

キジハタはまず3月頃に一時釣れる時期が来ます。

メバル釣りなどでルアーを投げているとキジハタがかかってきて針を伸ばされたり、カサゴ狙いの釣りで食ってきたりとほんの一時ですが春に釣れる時期が存在します。

その後釣れなくなり、次に釣れだすのは6月頃

梅雨真っ只中で蒸し暑くなってくる頃に釣れだします。この頃はまだ専門に狙う人が少ないので狙い目の時期。堤防で岩虫やエビ餌を使えば釣れます。

この後は暑くなるにつれて活性が高まり、夏はまさにカサゴを釣るかのようにキジハタが連発する時もあります。越前海岸の堤防では夜釣りが面白くなる時期ですね。

で、寒くなるにつれてキジハタは深い場所へと落ちていくのですが、最終釣れるのが確認できたのが11月末。しかも敦賀のごく浅いテトラ帯でしたので水温も結構低めでした。

さすがに12月になると私のデータでは堤防から釣れたことは無いのですが、意外にも遅い時期まで狙えるということがわかります。

クロダイなどには居付きといって堤防付近に留まる固体が居ることがわかっていますが、キジハタにも同じようなことがいえるのではないかと考えています。数こそ出なくても探り歩けば11月末でも釣れる可能性はあるとみています。

高級魚だけに一度は釣りたいと言う人は多いと思いはず。キジハタが釣りたいなら色々な時期に狙ってみると思わぬ釣果にめぐり合えるかもしれません。

Pocket