メバリングでおすすめの実際に釣れたルアー・ワーム色々

メバルをルアーで釣るメバリングでは、メバルの食性に合わせた様々なルアーが販売されています。

主力となるのジグヘッドに装着するワームタイプで、単純なルアーよりも自然な動きで見破られにくく、食いついたときの違和感を低減できます。

また、メバルは大きな目でルアーを見破る力に優れていると言われます。実際に釣っていると、急に釣れなくなる時がありますが、ワームのカラーを変えたりするとまた釣れだすことが多いです。このため数種類のワームを持っていき、適度にチェンジしていくとメバルをスレさせずに釣り続けられます。

私もメバリングで釣るときはほぼワームをローテーションして使っており、色々なメーカー・カラーを持っていって使い分けるようにしています。

今回はメバリングで釣るときに実際に釣れているワーム、使いやすかったものを中心に紹介していきます。

驚異の伸縮素材を使った月下美人・ビームスティック

imga0647

ダイワの月下美人ブランドから出ているビームスティックは、驚異的な伸縮性で弾力がある特殊素材で作られているワーム。

手で引っ張ると伸びる伸びる・・・。一度ジグヘッドにセットすればずれにくく、何度メバルが食いついてもちぎれにくくて長持ちするメリットがあるワームです。

一方でそのしなやかすぎる素材から、まっすぐにジグヘッドに装着するのが大変。ずれたり曲がったりすると不自然な動きになるため、まっすぐ装着するには慣れが必要なワームです。

月下美人ビームスティックのおすすめモデル一覧

カサゴなども狙いやすいパワーワーム・グラスミノー

P1110002

カラーバリエーションが豊富で、第一投でメバルの活性を探るときに使うのがエコギアパワーワームのグラスミノーS

夜行タイプからナチュラル系まで揃っており、ローテーションの組みやすさは一番。ジグヘッドへの装着もしやすく、小型のメバルでも難なく食いつくボディは使いやすいです。

ボトムバンプなど特殊な釣り方をするときにも使え、フォールの姿勢が自然なので底狙いでも応用できます。

メバル釣りに最適なエコギアグラスミノー1/8サイズはこちら

アジングと併用できるメバル職人・ストレートタイプ

P1110004

メバルひとすじ、メバル職人のストローテールグラブは、表層でメバルがボイルしているときなどに活躍するワーム。

スイム姿勢が自然で、小魚が逃げ回るさまを演出するのに向いています。アジングと併用することもでき、メバル以外にもアジング用としても活躍する表層狙いのワームです。

似た形状のパワーシラスも同じように表層狙いで使います。

メバル職人ストローテール&パワーシラス

絶妙な動きで小魚を演出するバークレイ・パワーベイト

imga0651

日中のデイゲームで活躍しているのが、バークレイパワーベイト・バブルサーディン

バークレイの商品は独特な臭いが特徴で、ガルプほどではないにしても味と臭いでメバルの食い込みをよくする効果が期待できます。

ボディが非常に細いのでジグヘッドへの装着は難儀しますが、ブルブル震える独特な形状のテールでメバルを誘います。

バークレイバブルサーディンのおすすめはこちら

臭いが釣れるバークレイ・ガルプベビーサーディン

P1110003 imga0646

これで釣れない魚はないとも評価されるほど実績の高いガルプ・ベビーサーディン。メバリングにおいても、ここ最近は一番信用を置いているワームです。

昼、夜問わず食い込みが良く、コンっと前あたりした後でも追い食いをしてくれるほど。強烈な臭いと特殊素材はさすがガルプといったところ。

1.5インチのサイズでも28センチのメバルを仕留めていますし、小型からランカーに至るまで実績があります。

その分デメリットも大きいです。ワームが切れやすくすぐにダメになりますので、1回の釣行で1パックなくなるときもあります。フグやベラなどはエサと同じようにかじってくるため、エサ取りの活性が高い時にはワームそのものが食われて無くなります・・・。

液が漏れると酸っぱい刺激臭が取れなくなるので悲惨ですが、低活性のときや、ここぞというときに力を発揮してくれるワームです。

個人的鉄板のガルプベビーサーディンのおすすめはこちら

プラグタイプも釣れるが手返し考えればジグヘッド一択

imga0627

メバリングに関しては、魚を模したプラグタイプも売っていますが、手返しを考えるならばジグヘッド+ワームに分がありますね。

メバルは釣れ出すと連続で釣れることが多く、釣れたら素早くハリを外して次のキャストに繋げたい。ジグヘッドであればすぐにハリ外しできるので、手返しの効率が上がって多くのメバルを釣ることができます。

また、メバルの遊泳層に違和感なくルアーを届けるには、最適なジグヘッドの重さのバランスを考慮せねばなりません。食い渋るときは軽い1g、風や海流で流されるときは1.7gと重くするなど、付け替えが容易なジグヘッドは使いやすいです。

大型を狙うのに大きなワームは必要ない

imga0638

少しでも大型のメバルを釣ろうと思うと、大きなワームでアピールしてやろうと思うかもしれません。

しかし、メバルに関してはワームが小さくても大型メバルは問題なく食いついてきます

IMGA0389

26センチ級、28センチ級とメバルにしてはランカーと呼ばれるサイズも、ガルプのベビーサーディン1.5インチで釣り上げています。

無理にでかいサイズを使うより、その場その場のベイトに合わせて最適なサイズを使っていくことがメバルを仕留めるための一番のポイントになると思っています。

メバル用のワームはそのままアジングなどにも併用できるので、いくつか持っておくと色々なステージで楽しめます。

使い分けるうちに、自分自身がつりやすい、釣れる確信の持てるワームなどが決まってくると思うので、まずは色々使ってみましょう。

Pocket