アイナメの旬はいつ?産卵はいつ頃してるのか

アイナメは冬の堤防の釣り魚ですが、意外にも旬は夏というのを知ってました?

アイナメは骨まで凍るような寒くなってからが釣り本番!堤防での貴重な冬の釣りものとして人気のターゲットです。味も良好でぷりぷりの刺身は絶品なんですが、冬はアイナメの旬ではありません。

アイナメの旬は春の終わりから初夏にかけて。アイナメは夏に産卵する魚で、産卵に向けて栄養を蓄える春の終わりごろが最も美味な時期ということです。

釣りをするのであれば時期的には3月くらいまでで終わりですが、少し深い場所などに移動してるだけなので船つりなどでは釣れるようです。確かに真冬に釣れたアイナメよりも、春先の温かくなってから釣れるアイナメのほうが脂が乗っておいしいですね。

アイナメ釣る人って春になるとクロダイ釣りに移行していく人が多いです。冬に釣り難いクロダイの代わりとしてアイナメを狙っているということですね。そのため春はアイナメ専門に狙うような人は少なくなるんですが、おいしいアイナメを求めてもう少し粘ってみるのもいいのかななんて考えたりもします。

海の温度変化は大気に比べると1、2ヶ月ずれているので、気温が温かくなってもまだまだ海は冬という状況です。場所によっては遅くまで大きなアイナメが堤防から釣れるところがあるので、試しに狙ってみるとおいしい思いができるかもしれませんね。

Pocket