キスの釣れる時期と堤防釣り師から見たキスの生態考察

キス

キスは10から20センチがメインサイズとなる小魚ながら、小気味よい引きと食べて美味しい釣りのターゲット!漢字で「」と書くがごとく、釣れると喜びあふれるキスを釣るために、釣れる時期や釣りに役立つような生態をまとめてみます。

一般的に堤防や砂浜で釣れるのは「シロギス」という種類。小型メインだが、30センチ近いサイズも稀に釣れる。釣り上げてハリをはずすときに、キスの尾びれが肘に当たるくらい大きいことから「肘タタキ」とも呼ばれるサイズが釣れることもある。

小型であっても、細い体に似合わず引きが意外と強くアタリも明確に出て楽しめる。投げ釣りの華としてトーナメントも開催されるほど人気なので、専門に狙う人も多いのがキス釣りの魅力。

キスが釣れる時期

キスを釣るならば、春から夏がメインシーズン。早くは4月ごろから、堤防からチョイ投げで数釣れるようになるのは5月から8月が盛期となる。寒い時期は深い場所での釣りになるので、秋以降にに釣りたいのであればボート釣りなどで狙う必要がある。

キスが釣れる場所は砂地の海底

キスは日が昇って海水温が暖かくなると活発に行動を始めるので、基本は朝から昼間の釣りになる。朝マズメは意外と渋いことが多いので、つるなら日が登り始める8時ごろからから夕マズメに狙った方がいい。

キスは砂浜の海底を5から10匹程度の群れを作って回遊する魚。そのため海底は砂場であることがキスつりの場所選びの条件となる。海水浴場に隣接した堤防や漁港が実績あり。海水浴場がオープンしていない6月ごろに釣りができれば、砂浜からのなげ釣りで狙う人が多い。

キスの釣り方と釣れるエサ

群れで移動するので、投げ釣りの用の天秤に、3本から5本(ベテランは10本バリ)といった多段仕掛けで狙う。

エサはアオイソメやイシゴカイを使うが、柔らかい石ゴカイの方が食いがいい。特攻エサとして、「チロリ」という真っ赤なエサもあるが、値段が高く気軽に手を出せない。擬似イソメなどのソフトルアーを併用して使うのも効果的。

※キスは海底のエサを吸い込むように飲み込んで捕食するので、ハリ外しは必須で持ていったほうがいい。

海底を移動する群れを探るため、仕掛けを投げ込んだらまずはゆっくりと仕掛けを引いてみます。引きながら海底で抵抗があるような場所(軽く引っかかったか?)と思うような場所で一旦止めてアタリを探っていく。この抵抗の場所は「ヨブ」と呼ばれ、海底が波などでえぐられた場所。変化のある場所はエサが豊富なので、こういったヨブを求めてキスは回遊してくることが多いとされる。

ボートでのキス釣り爆釣のコツ!釣れないときはボートを流す

2016.07.26

キスを食す!シンプルな白身が絶品

キスの開き

何といってもキスは透き通るような白身が美味い魚。

定番となるのは鱗を落として背開きにし、てんぷらやフライでいただく。ホクホクとした白身が口の中に広がるのがたまらない。

大型が釣れたら刺身でも当然美味い。捌きにくいが、コリコリとしつつくせの無い白身の刺身は一度味わっておきたい釣り人の特権。

意外だが塩焼きもいけたりする。キスを塩焼きにする人はあまりいないかもしれないが、皮と身の間にある脂が美味く焼けて皮ごと美味しくいただけるのが醍醐味。

真夏の釣りになるので暑さとの戦いだが、家に帰ってからの晩酌が何より楽しくなるのがキス釣り。暑さにめげず、キスを釣りにいきましょう!

Pocket