パワーイソメのような「人工の疑似イソメ」って本当に釣れるの??

擬似イソメ

一風変わったソフトルアーともいえる、擬似イソメパワーイソメとか見た目はアオイソメまんまですが、実は作り物でパック処理してある商品って売っていますよね。実はこれ使ってみると、意外と釣れます!本物を凌ぐ釣果を出せる時もありますが、釣り方によってはまったくダメな時もありますので使いどころを見極めるといいですね。

ぶっこみ釣りのように、投げてから仕掛けを全く動かさない釣り方には不向きです。

疑似イソメは生えさの感覚よりもルアー寄りの商品といえ、私の使用感はルアー寄りの感覚です。また、生エサが苦手な方、女性やお子様にも手軽さ清潔さからオススメです。

どのような時に有効になるか、伝えていきたいと思います。

擬似イソメどのような商品があるか

よく店頭の釣りエサコーナーの近くに置いてある、ルアーのワームみたいなものから、色や形までそっくりな商品まで各社様々な疑似イソメが販売されています。「本物のイソメ」をフリーズドライして、釣り場で水で戻すという商品まで出ています。

本元?となった活きたイソメは海中でうねうねと動き回り、鈎を刺した傷から体液が流出し独特の匂いを発し誘います。本物のエサなので魚も違和感なく喰ってきます。

では、疑似イソメはどうでしょうか?味や匂いに関しては、人間が感じる嗅覚、味覚とは異なり魚類はアミノ酸に反応すると言われています。(諸説あります。)疑似イソメにもアミノ酸を配合し魚が反応しやすくしています。

有名どころでは釣りエサの老舗マルキューのパワーイソメ。こちらは「ブルーベリーの香り」?という謎仕様。ただ集魚効果は高く、女性でもにおいを気にせずに使えるのがうれしいところ。

私がよく使うのが、ガルプサンドワームのイソメタイプ。この商品はとにかく強烈に臭いのが特徴で、魚の好む味とニオイにとことんこだわったもの。それだけに中の液体をこぼしたり、収納ケースの中で漏れたりすると悲惨なことになるので取り扱いには注意です。それだけ魚はニオイには敏感であるということです。

動きはどうでしょう?イソメのウネウネした動きは出ませんが、素材自体が柔らかいので海流を受け漂う動きは自然と出ます。本物と全く違う動きでも魚は反応する時があります。見た目はリアルなものから、夜光で光るもの、まったく違う色やシルエットのものまで様々です。イソメと違うものと認識しても食べてしまっているのか定かではありませんが反応し口を使ってしまうことは事実です。

疑似イソメは生イソメよりも視覚アピールが強いので、ここを有効に引き出しすために使う状況・タイミングがあります。多少の風やうねりで、海底が濁っている時は、魚の警戒心も薄らぎ目立つ疑似イソメの方が反応しやすい時があります。

フグ

また、クサフグ等のエサ取りが多い時は、鈎持ちがよく本命に出会える確率が上がります。本物のイソメだと一瞬でエサ取りの餌食になり、空鈎状態のことが多々ありますので外道ばかりで釣りにならないというときにも重宝します。

擬似イソメでどんな魚がつれるのか?

キス

モノがイソメだけにシロギスやハゼ等海底で捕食する魚には、結構実績ありです。釣り方は少しづつ竿を動かしてサビいてくる(仕掛けを引っ張りながら動かす)釣り方をするのがポイント。動くエサと勘違いして食いついてしまう魚には有効です。活きたイソメとあまり変わらない食感のためか、食いつきも良いですね。

カサゴやソイの仲間だと、目の前に落ちてきた物をなんでも口にして、異物なら吐き出すという行動をします。一度口に入ってしまえば、針かかりしてしまいますから結果釣れます。

効率よく使うパターンとしては、仕掛けの一部に擬似イソメをつけておくやり方。複数のハリがついてる投げ釣り仕掛けや、胴付き仕掛け2~3本の下の鈎に疑似イソメ、上の針には生イソメという使い方はオススメです。

カレイ釣りやセイゴ(シーバス)狙いだとエサをたくさんつけますので、生イソメと疑似イソメを混ぜ房掛けにするとアピール力が増し鈎抜けしにくくなるのでオススメです。

アジやメバル釣りでは、ジグヘッドを使ったルアー釣りだとかなり釣れますが、ウキ釣りになると全く釣れませんでした。やはり浮き釣りでは意図的に動きを演出するのが難しいのでエサ釣りに分があるでしょう。

疑似イソメのみでの釣りは状況が合わないとなかなか釣果が出にくいですが、生イソメと一緒に使ったり、交互に使うことにより可能性が広がります。

また、常温保管でき開封後も保管できるので、BOXに忍ばせておけば生エサの不足時やエサ取りの猛攻を受けた時に必需品となるでしょう。私はいつもエサが切れたりフグ等がたくさんいてエサをとられてしまうときのために保険として持っていきます。是非一度使って見てください。

turerujiki
Pocket