1万円前後で選ぶ堤防での万能竿のおすすめとは?

堤防の釣竿

万能竿 = なんでも使える竿

これがあれば、釣り竿は1本でいいですね!実際になんでも1本というのは難しいですが、探している方のニーズにより近づけることは出来ます。

予算1万円の竿をお考えの方は、何度か釣りをしていて、ビギナーセットの竿からのステップアップをお考えの方だと思います。

>>格安ワゴンの釣竿をおすすめしない理由

よく行く場所で、釣り方や堤防の高さ、対象魚が把握出来ていると思いますので、そこから磯竿なのか、投げ釣りなのか考えてみてください。

例えば、

・サビキ釣りとウキフカセをやりたい場合  → 磯竿・磯小物

磯竿の 1.5号か2号の4.5m~5.3m

ダイワ リバティクラブ磯風 小継せとうち

シマノ ホリデー磯R アペルト磯  などこの辺りはまさにいろいろな用途があるので、入門用としても需要がある釣竿。

・軽めの投げ釣りとカゴ釣りをやるには  → 投げ竿

投げ竿の 15号前後の3.6~4.2mあたりが使いやすいです。

ダイワ リバティクラブサーフT(ショートスイングも使いやすいです)

シマノ ホリデーサーフスピン  など

やはり竿選びは、オモリ号数の適合が重要なので、1本の竿で軽い仕掛けと重い仕掛けを両方使うにはちょっと無理があります。

堤防デビューの初心者の方には、やわらかめの投げ竿が使いやすいと思います。(10号~15号の3.6m前後)市販仕掛けのチョイ投げ仕掛けはもちろん、ウキサビキセットも使え、ガイド数が少なく、磯竿に比べ丈夫なのでトラブル回避出来ます。

また、ヒラメやシーバス等のルアーフィッシングやアオリイカのエギングも人気があり、夏~秋にはサバやカツオ、イナダ等の青物も回遊してきたりで狙いたい魚種はたくさんいて困っちゃいます。

ルアーもやってみたいと考えるなら

ルアーもエサ釣りもやってみたい方にはシーバスロッドがオススメです。

私の場合、堤防には家族で行くことも多く、妻や子供に使わせるのはシーバスロッドです。これが、ルアーやエギングはもちろん、市販仕掛けのウキサビキやチョイ投げ、ブラクリと意外と万能なんです。

長さは2.4m~3mほどで、ルアーウエイト30gまで、オモリ負荷は8号くらいまでのものが多いです。この点に着目して、メーカーは、振り出しのルアー万能竿を発売しています。

ダイワ モバイルパック ・ リバティクラブ ライトパック

シマノ ボーダレスBB  など

上記の竿は、ルアー向けに開発されていますが、エサ釣りでも問題なく使えます。竿の長さが短めなので低めの堤防向けですが、持ち重りが無く使いやすいです。

堤防では一般的に、3本あると1年中遊べると思います。

・磯竿 1.5号ー4.5m~5.3m

・投げ竿 15号~25号ー3.6m~4.2m

・カゴ釣り 3~4号ー5.3m前後

これで様々な魚を狙えるのですが揃えるのに大変です。

そこでサビキやフカセが多いのか、ウキサビキ(カゴ)釣りや投げ釣りが多いのかを考えてカバー出来る竿を買っていました。

高額な専用竿も使いやすいですが、結局釣竿で大きく釣果に差が出ることはないので、魚種ごとにこだわらなくてもなんでも気軽に釣っちゃうのも楽しいですね

Pocket