釣れたゴミとか海藻は堤防の上に放置しない!

よし!何か釣れたと喜ぶのもつかの間。重く竿を曲げてあがってきたのは大量の海藻ということはよくある話。海藻に限らず軍手とか木の切れ端とか色々なゴミが釣れてきます。

この釣れてしまったゴミなどはどうしたものか一時考えるのですが、基本的には海に戻すようにしています。

これも漁師さんと話していて聞いたのですが、釣れてしまったゴミを堤防上に放置していくのも困るということを言っていたのです。

要は釣れたごみも堤防上に置かれてしまってはゴミを放置しているのと変わらず、掃除の手間ができてしまうもの。海から来たものは海に戻し、陸から持ってきたゴミはきちんと持ち帰るというスタンスでいいと思います。

海藻などはゴミとしての景観以外に厄介なもので、放置されると腐って異常な臭いを発していることがあります。仕方なく海に放り投げても臭いが消えず、終始嫌な臭いの中で釣りをしなければならないこともあるのです。

中には釣りしている時には魚が逃げてしまうので、海藻とか再び海に戻すのはためらわれるという人もいると思います。そんなときには一箇所にまとめておいて、帰るときに海に戻してあげるようにするといいでしょう。海藻には小さな微生物も生息しているので、命を無駄にしないためにも堤防上に放置して腐らすようなことはやめてあげましょう。

Pocket