5月・6月のキス釣りは大型揃い!身近な砂浜海岸でボート釣り

キス釣りで一番おススメしたいのが、5月から6月の初夏の季節。キスは夏の魚で、海水温が上がるにつれて群れも大きくなり、数が釣れるようになります。

真夏にサーフを中心に投げ釣りをする人が増えるのですが、大型を釣りたいならば夏本番よりも前に釣りにいくのが有望です。

幾つかの釣り餌屋さんのオーナーと話をしていると、この時期はキスの型が良く大型が釣れやすい。夏になるにつれて数は釣れるようになるが、型は小さくなって不思議と15センチ未満の小型が多くなる傾向にあるということ。

刺身に出来るような大型キスを釣るなら今がチャンスということで、自前の手漕ぎボートを繰り出して、初夏のキス釣りレポートをまとめます。

手漕ぎボートで湾内のキス釣りは手軽で面白い

釣り場は福井県の敦賀湾。海水浴場があちこちにあるため、キスを釣りやすい釣り場がたくさんあります。

釣り餌屋さんからの情報として、まだキスの数が少ないので広く探った方が良いと言われました。キスを幅広く探るために、投げ釣りよりもボートの方が有利と判断しました。

6月ともなると夜明けが早いです。5時の時点ですでに明るくなったため、早めにボートを準備していそいそと海へ繰り出します。

平日なので釣り人は私一人。いつもは平日でもボートが何隻かでていますが、今日は誰もいません。のんびりできる反面、もしかして今日は釣れないのか?と不安にもなります。

ボート釣りでのキス釣りの仕掛けの準備

釣り竿はボート釣り用の1.6メートルの短めのキス釣り竿を用意。

2500番のスピニングリールをセットして、キス釣り用の仕掛けを組むだけのシンプルな釣り。

今回はほとんど波もなく、潮も流れない若潮だったので、重りは6号と小さめをチョイス。潮が速い時は仕掛けが浮いてしまうので、10号以上を適時使い分けていきます。

シンプルにアタリを愉しむため、ゴムクッションのキス釣り用天秤を使いました。ボート釣りでは、できるだけコンパクトで短い仕掛けがトラブルがなくて便利です。

キス釣りの仕掛けは市販のものを使いますが、2本バリ、3本バリ、それ以上と針の数に違いがあります。

ボート釣りではトラブルを減らすために、慣れないうちは2本バリ仕掛けで十分。あまり欲張ってもいいことなく、仕掛けが絡むと不安定なボート上では修復が困難です。

エサは定番のイシゴカイ。キス釣りでは柔らかいイシゴカイが最も食いが良いですね。アオイソメよりも動きが激しいので、ハリに付けるときは結構大変。

キスが食い込みやすいように、1匹を半分に切って垂らしは短めにつけます。長いとキスがしっかり食い込まず、アタリはあってもばらしてしまう原因になるのです。

できれば2本竿くらい出しつつ、のんびりとボートを潮に乗せて流しながらキスのアタリを待ちます。

日が昇るにつれて徐々にキスが高活性に

朝一番はアタリすらなく、エサも食われずに残る状況が続きました。たまにカサゴが食いついてくるくらい。

しかし、日が昇るにつれて活性が上がったのか、ブルブルというキス特有のアタリが出始めるようになりました。

前情報通り、いきなり良い型のキスが釣れてきます。単発のアタリが多いですが、ボートを流していくとほぼ入れ食い状態でキスが上がってきました。

綺麗な魚体のキスは、小型ながら釣り上げたときの喜びはまた違ったものがあります。さすが、漢字で「鱚」と書くだけありますね。

2本バリを両方とも食い込む大型キスが連発!

ここで、キスとは思えないほど強烈なアタリがあり、竿をひったくられました。危うく海に落とすところで、大型の魚を期待しましたが、上がってきたのは巨大なキス

25センチに迫るほどの大型のキスが釣れる

写真では分かりづらいですが、もう少しあれば30センチ級の「肘叩き」と言われるサイズでした。このサイズになると、キス釣りとは言え十分な引きを楽しめます。

しかもコイツ、2本バリの仕掛けの2本とも飲みこんでいるという貪欲っぷり。以後大型のサイズが連続しますが、2本ともエサを飲んでいる個体が何匹かいました。

やはりキスは流し釣りが有利

ボートを流しては、移動してという繰り返しに疲れたため、アンカーを打って固定して釣りをしてみました。

しかし、途端に思うようにキスのアタリは遠のきます。ボートからエサを垂れているだけでは全然釣れません。やはり大きな群れが移動しているわけではなく、単発の個体が点在している状況なのかなと。

仕掛けを投げて探っていくと釣れますが、ボートを流しながら釣った方が頻繁にアタリがあります。面倒でもボートはアンカー打たずに流し、位置を修正しながら釣るのが好反応です。

初夏のキス釣りは投げ釣りよりもボートが有利??

初夏のキス釣りの特徴としては、まだまだ沿岸部にまではキスが寄ってきていないこと。チョイ投げで釣れるような浅場よりも、やや水深があるほうが有利かと思います。

帰り際に同じ砂浜で投げ釣りしてる人が2名いましたが、全然釣れないとぼやいていました。水温が上がれば浅瀬でも釣れるようになりますが、まだまだ群れが入ってきてはいないようです。

私もボートは流し続けないとあたりが遠のいていたため、積極的に群れを探していけるボート釣りに分があると思いました。

変な外道が少なくキス釣りに集中できるのも吉

初夏のキス釣りでいいところをもう一つ。小型のメゴチやハゼといった外道が少なく、キス釣りに集中できることがあげられます。

色々な人の釣果報告を聞いていても、7月以降は外道の釣果も混じり始めます。まだメゴチとかハゼならいのですが、エソとかベラとかフグといった厄介な外道は歓迎されません。

初夏の6月ごろはキスの数釣りは難しいものの、狙ってキスだけが釣れてくることが多く、キス釣りに集中できる時期であるとも考えられます。

梅雨に入ると釣りがおっくうになりがちですが、海底を移動するキスは多少雨が降っていても釣りになります。

まだまだ海水浴客も少なく、砂浜では広い範囲で釣りが楽しめる時期。この時期は一度はキス釣りに出かけてみて欲しいと思います。

Pocket