釣り用の滑り止め靴の選び方!スパイク、フェルトどちらがいいか?

釣りでの万が一の安全のために、滑らない靴はどれがいいかを考察します。

釣り場は堤防といっても完全に整備させているわけではなく、濡れて滑りやすくなっていたり突起物があったりする危険な場所。転倒すれば海に落ちたり、岩などで強打して大怪我を負う事もあるので、先ずは履いていく靴にお金をかけるべきなのです。

足場の悪いテトラポット上での釣りや、滑りやすい堤防、またはごつごつした磯場など状況に応じた靴の使い分けが安全を左右します。最適な靴で安全を確保して、怪我などをしないようにしたいものです。

※海釣り公園など整備された堤防で釣りする場合は、スニーカーなどでも大丈夫です。ただし不意に水を被ったり、エサなどで汚れたりするのでブーツタイプを用意しておくと快適に釣りができます。

釣り用の滑り止め靴の種類と特徴

釣りという特殊な環境での安全を確保するため、幾つかの種類の専用の靴が販売されています。まずはどんな靴があり、どんな釣り場で履いていくべきなのか、特徴を把握して買うようにしましょう。

濡れた場所や磯場で滑りにくいフェルトスパイク

フェルトスパイクの靴底

フェルト底に小さなスパイクが埋め込まれた、フェルトスパイクと呼ばれるタイプの釣り用の靴。

フェルト??と思われますが、フェルトは水を吸っても繊維が岩肌に絡みつき滑りにくく保持してくれます。ゴムだけですと濡れた場所では接地面との摩擦が弱くなって滑ります。転倒が命に直結する濡れた釣り場のためにフェルト底が用いられているのです。

同時にスパイクを合間に埋め込んでいることで、岩の突起にスパイクが引っかかってより強度に滑り止め効果を発揮します。

フェルトの欠点は靴自体が硬くて靴底の柔軟性が無いこと。凹凸に対する柔軟性に乏しく、部分的に足を着いても滑るので、必ず靴底全体で足場を確保すること。

また定期的な交換が必須である点にも注意です。フェルトですから擦り減るスピードも速く、水を含むことでも劣化していきます。靴底は¥2,000円から¥4,000円程度で交換品が売られていますので、必ず交換可能なものを買いましょう。交換不要の安物はすぐにダメになって結局高くつくことがあります。

尖ったスパイクブーツがテトラ・岩場に食い込む

IMGA0376

むき出しのスパイクと盛り上がったゴムで構成されたスパイクブーツ。フェルト底よりも安価で売られており、飛び出したスパイクがいかにもな風貌をかもし出しています。

フェルト底よりも靴底の柔軟性があり、スパイクが直接地面に触れますから、岩などに食い込みやすくて凸凹した場所ではこちらのほうが安定します。テトラポット上で釣りする場合や、磯場などでも十分に滑り止め効果を発揮します。

スパイクの欠点は接地面積が少なくなること。飛び出たスパイクの部分しか地面に接していないことになるので、ツルツルした岩場では面白いように滑ります。表面がなだらかな「できたばかりのテトラ」や、磯場などにあるスベスベした表面の岩の上に乗ると滑りを止める手段がありません。一旦滑り出したらとまらないのが難点でもあるのです。

スパイクが直で足に衝撃を伝えるので、長く歩いてると足が痛くなることもあります。動き回る釣りでは慣れないと疲れますね。劣化してもフェルトのように交換ができませんから、写真のようにスパイクが抜けたり磨り減ったりすれば靴ごと交換する必要があります。

フェルトとスパイク結局どっちが優れている?

それぞれ滑り止めには十分な効果を発揮しますが、先に述べたように両者欠点も持ち合わせているものです。

ただし安全性に関して言えば、フェルトスパイクのほうがデメリットは少なく、経済的負担もそんなに大きなものではありません。

磯釣りなどで、濡れた岩場で釣りをすることが多い場合にはフェルトスパイクが安定します。足に衝撃が伝わりにくいので、ルアー釣りやエギングなど歩き回ることが多い釣りの場合も、フェルトスパイクのほうが足が疲れなくて結果的に安全な脚力を維持できることになります。

動きが無い投げ釣りとか、堤防でのんびりサビキ釣りするような場合はスパイクブーツを履いていきます。堤防釣りオンリーで釣りをする場合にはスパイクを用意していくようにしましょう。何よりフェルトより手入れが楽で洗うのも簡単。※ちなみに雪が降ったときの通勤でも最強です。

スパイクブーツの強度は強いですが、ツルツルした岩場だけは要注意!私は以前はスパイクだけでしたが、怖い思いをしてフェルトスパイクも購入しました。釣り場の状況に合わせて履く靴をかんがえるようにしましょう。

船釣りする場合はゴム底のデッキブーツを用意する

乗り合い船などで船釣りをする場合は、スパイクではなくて「デッキブーツ」というものが売られているのでこちらを買いましょう。

デッキブーツはゴム底ですが、濡れた船の上でも滑りにくくなっている長靴の強化版といった感じです。

スパイク靴では船が傷ついてしまいますから、乗り合い船で釣りする場合はスパイク禁止として拒否されることもあります。

※磯や沖堤防などへ渡してもらう場合には、渡してもらう先でスパイクが必要ですからスパイクブーツで乗り込んでも何も言われることはありません。

おまけ:登山靴は釣り場でも活躍する?

IMGA0379

釣りとあわせて、登山を趣味としてる人は登山靴をお持ちだと思います。

これまた山という岩場だらけの苛酷な環境を走破するための靴です。ごつい靴を履いていくわけですから、登山靴1足あれば釣りでも十分応用できるんじゃないか?と思うかもしれません。

登山靴は一般にビブラムソールという靴底が使われています。強化ゴムの靴で硬い岩場でも足に負担がなく、滑りにくい靴底になっているのです。しかし登山靴には「スパイク」はありません。釣りは何キロも歩き続けるスポーツではないので、足への負担よりも瞬間的な安全対策のほうが優先されるのです。使う状況も目的も違うので、いざという時にはやや不安が残ります。

特に海藻や藻が生えている堤防などでは、登山靴でも面白いように滑ります。やはりスパイクがあったほうが釣りでの安全性は万全といえるでしょう。

釣りも一歩間違えば命に直結するスポーツですから、自分の身を守るための装備にはお金を掛けるべきだと思っています。私は様々な釣りをするので、2種類の靴で釣り場に合ったものを履いていきます。靴は定期的に買い換えて常に安全を確保しています。

滑り止め靴を完璧にしたからといって万全ではありません。過信しすぎて無茶な行動はせず、危険な場所へは立ち入らない・濡れた場所では細心の気を配ることを忘れないようにして釣りを楽しんでください。

Pocket