釣具屋で激安で売ってる竿は買っちゃダメ!本当によく壊れる

釣り道具

安物買いの銭失い・・・こんな言葉が当てはまるのが釣り竿。激安販売の釣竿は買わないほうがいいです。

激安の釣り竿の定義は、よくワゴンセールなどで並んでいる、ノーブランドの¥1000円から¥3000円程度の竿。

リールは安いものでも驚くほど性能が進化しているのに対し、釣り竿の安いのは本当によく壊れる。

とは言いつつ私も「どうせ小物釣り用だからいいか」とよく買ってしまいますが、1,2回の釣行でほぼ壊れています。ひどいと最初からガラガラ変な音がする竿もあるし、いいこと無かったですね。

継ぎ目の精度のバラつきが酷く無理な力がかかる

堤防で一番使われる万能竿は、3メートルから5メートルのものが大半です。全長が長いので少しづつ振り出して伸ばすように格納されているんですが、この継ぎ目部分の精度が悪いです。

精度が悪いと竿の継ぎ目の部分に変な力がかかった状態になり、小さな魚を釣っただけでポキンと折れたり縦に裂けたりありえないことが続出します。

こいつは大丈夫だろうと思ってもやはりダメなものはダメ。結局何本も買ってればメーカー製のいい竿が買えてしまいますからね。メーカー品なら保障もあるし、店員さんがしっかりチェックしてくれるので安心です。安いのは現状販売だったりして賭けのようなものですね。

特に釣りをこれから始めると言う人は、竿の扱いやトラブル回避の技術も持ち合わせていないので余計に壊してしまいがち。最初に買うものは少なくともメーカー製の1万円くらいの投資はしておくようにしましょう。

万能竿と言えどもそれなりのものは買っておいたほうが良い!圧倒的に長く使えます。

Pocket