堤防釣りでは小型カートや背負子を持っていくと道具の運搬に便利

堤防釣りで役立つ道具の一つに、荷物を運搬できる車輪付きのカートや、荷物を背負える背負子(しょいこ)があると便利です。

釣りはこだわると色々道具が増えていくもの。ロッドケースに道具箱、クーラーボックスに水汲みバケツなどなど、両手で抱えるにしては大変な重装備になることもあります。

今回は私が持っているカートや背負子をレビューしてみたいと思います。軽装なルアー釣り派には無縁のものかもしれませんが、エサ釣りでのんびりと堤防釣りを楽しみたいのであればカートを一つ買っておくと移動が楽になります。

クーラーを持参するならカートがあると楽

p1150846

最も手軽に堤防での移動だけを考えるなら、実売3000円程で売っている小型カートがあれば十分です。

写真手前のカートは小ぶりで非常に軽いもので、釣り具チェーン店ならばどこでも置いてあるでしょう。

11リットルのクーラーボックスがちょうどキレイに乗るサイズで、クーラーの上に道具箱やバッカンを乗せれば一気に身軽になって移動が楽ちん。

海釣り公園などは長い堤防になっていることが多いので、場所を探してウロウロするときにはカートを持っておくと機動性が一気に増します。

ネットで釣り用カート・背負子を探すならこちら
100円ショップなどでゴムの紐(自転車用の荷台紐)を買っておくと、複数の荷物を載せたときに固定ができます。段差などで荷物がずれないようにするなら、安物のゴムバンドでも十分なので工夫して使いこなしていきましょう。

地磯を渡り歩く本格派には頑丈な背負子

ここからは、堤防釣りには少しオーバースペックですが、堤防から磯渡りまで役立ってくれている背負子について書いています。

p1150843

このサイトを見に来てくれる人にとって需要は多くないと思いますが、ダイワから極めて堅牢で丈夫な背負子が販売されています。

ダイワ(Daiwa) DAIWA Fパック キャスターというもので、カートとして転がすこともできるし、丈夫な肩ベルトを持っていて重い荷物を背負って移動することができる背負子です。

p1150841

こちらは地磯で釣りをするときに、ゴツゴツの岩場を渡り歩くためできる限り手をフリーにするために奮発して購入しました。

フカセ釣りではエサを入れるクーラーのほかに、撒きエサを入れるバッカンやバケツ、ロッドケースに道具入れと堤防釣りで考えられるほとんどの装備を持ち込む必要があります。

ちょっとこだわりだして磯でメジナやクロダイを釣ろうと思ったら、一番問題となるのが20キロ以上にもなる重装備をどのように手軽に釣り場へ持ち込むかです。

p1150842

頑丈でハリのあるゴムバンドも付いており、荷物の固定はデフォルトで問題なし。

p1150843

仕切りを付けられるバーも付いているため、荷物を別々に固定したりバランスをとることもできるようになっています。

p1150844

さすがにここまでの装備を持っていく人は少数派であるかとも思いますが、これがあるだけで釣り場の選択肢が一気に増えました。

磯へ持っていく場合は衝撃で壊れたりするので、安物にはあまり手を出さない方が良いと思います。1500円ほどの小型カートを使っていた時期がありましたが、アルミフレームの溶接部分がぽっきり折れてしまったことがあります。

この手の工業品は価格相応のものですから、釣りのステージに合わせて使う道具を考えていきましょう。

Pocket