10月どんな魚を釣る?堤防釣りのベストシーズンに釣れる魚

残暑もひと段落して過ごしやすくなる10月は堤防釣りにはベストシーズンになります。

一方海の中は水温も高く、サビキ釣りは好調だし、青物の回遊もあちこちで見られるようになるなど、小物狙いから大物狙いまで攻められるのが10月の海。

ぜひ10月に狙ってみたい堤防釣りで釣れる魚を幾つかピックアップしてまとめてみました。地域での誤差はありますが、この時期は色々な釣り方で大物を狙ってみましょう。

太刀魚が接岸し堤防からも釣れる10月!

タチウオ

10月から11月にぜひ狙いたい魚と言えば、銀色ボディが輝く太刀魚!タチウオは夜に活発に捕食するため、堤防釣りの夜釣りはタチウオ狙いの人でいっぱいになります。

電気ウキを使った仕掛けで狙ったり、ワインド釣法といった専用のルアー仕掛けがブームで初心者にも釣りやすい魚。釣れだしている情報を得たらこの時期真っ先に釣りに行きたい魚です。

太刀魚【浮き釣り仕掛け】で堤防から太刀魚を釣る方法の考察

2016.09.30

爆釣!?タチウオワインド釣法のタックルと基本の釣り方

2015.08.16

アオリイカのエギングは好調!徐々にサイズも上向く

imga0552

アオリイカのエギングは相変わらず好調。今年はアタリ年ともいえるようで、9月の時点で胴長20オーバーが数上がるなどイカの成長が早いです。

10月になると徐々に深い場所へ回遊するアオリイカですが、堤防からでも十分に釣れるため、様々なテクニックを駆使して狙ってみましょう。

秋のアオリイカエギングの釣り方アクションからタックル選びまで総特集

2016.08.31

ショアジギング・泳がせ釣りでの青物釣り

シーバス

特にサーフでのヒラメやシーバスはハイシーズン!ヒラメはまだ狙えるという感じですが、シーバスの回遊は秋が深まるにつれて活発になるため、大型狙いであればこの時期に狙うのがチャンスです。

サーフで狙うヒラメのルアー釣りの仕掛けと釣り方のポイント

2015.10.24

堤防からルアーで狙うシーバス釣り!初心者向けタックルとメソッド

2015.09.25

堤防釣りで余裕があるなら、ルアー釣りのセットは1本持っておきたいところ。仕掛けの届く範囲にナブラが発生して青物が乱舞する釣り場もあるため、手ごろなシーバスタックル+ジグヘッドがあればサワラ、シイラ、ハマチなどが狙えるのが秋の堤防の醍醐味でもあります。

サビキ釣りでアジを確保して泳がせ釣りをしても期待値は高いです。普段キジハタなど底物を狙っている場合も、ウキ釣りの仕掛けに変えてアジを表層で泳がせてみましょう。

アジを釣ったら泳がせ釣り!簡単仕掛けで釣れる魚

2016.11.16

まだ海水温は高くキジハタも狙える

kijihatatyouka2

食味が最高で高級魚なのに、堤防釣りからは簡単に釣れてしまうキジハタ(アコウ)。最盛期は8月9月ですが、水温が高い10月もまだ十分に活性化が高く狙い時です。

キジハタはエサ釣りでもルアーでも狙えるので、エギングのついでにジグヘッドに変えて狙ってみたり、サビキ釣りの合間に堤防際で釣ったアジの泳がせ釣りなどで狙うと効率よくゲットできます。

>>キジハタ釣りの記事一覧カテゴリーはこちら

秋はチヌの数釣りの時期!堤防フカセで狙うクロダイ

IMG_1369

秋はチヌ(クロダイ)が数釣りできる時期。春のような50から60センチという大型は少ないですが、30から40センチサイズが数釣れる時期で、堤防に群れが回遊してきます。

数釣るならフカセ釣りですが、堤防際を狙った落とし込み釣法や、キジハタ狙いのついでのジグヘッドによるルアー釣りでも狙えます。

「ぶっこみ釣り」で大物を釣るための仕掛けとエサの考察

2016.05.05

チヌ(クロダイ)をルアーで釣る仕掛けとルアーのアクション

2015.09.08

クロダイ(チヌ)のフカセ釣り!数釣りを狙うなら「秋」

2015.08.16

ぶっこみ釣りではチヌ以外にもシーバスが食ってくることが多く、秋の夜長を楽しむにはのんびり仕掛けをブッこむ夜釣りも面白いですね。

サビキ釣り+チョイ投げで狙う小物も盛況

カワハギ

堤防釣りの定番のサビキ釣りは相変わらず盛況で、アジ・サバの数釣りは鉄板。一方でエサのアミエビコマセにはカワハギやサンバソウ、中型のグレなども寄ってきます。

1本万能竿などを用意しておいて、アオイソメを使って堤防際を攻めたり、チョイ投げでハゼなどを合わせて狙うと色々な釣りが楽しめます。

堤防でサビキ釣り!サビキ仕掛けと釣り方《子供連れに・ボウズ逃れにおすすめ》

2016.06.14

ハゼ釣りの仕掛けと釣り方!手軽に狙う堤防のハゼ

2015.09.08

日中過ごしやすい時期にボート釣りなども面白い

kisu

日差しも和らぐ10月にもなると、日中の釣りが過ごしやすくなります。炎天下で遠慮してた人は、ぜひボート釣り沖筏に渡っての釣りも楽しみやすくなる時期です。

今年はまだ場所によってキスが狙えたり、毎年の海とは少し状況が違うという声を耳にしています。でも釣れるなら釣れるで釣り人にとっては面白いこと。

ボートは安いところだと2,000円から4,000円程度でレンタルできます。手つかずのポイントを攻めたり、沖に発生する青物のナブラを狙い撃ちに出来たりと手漕ぎボートでも十分楽しめるレベル。

渡し船で渡してもらう沖筏などは、秋はチヌ狙いの団子釣りの人が押し寄せるため、撒きエサに色々な魚が寄り付くのがポイント。シビアにチヌを狙わなくても、筏からチョイ投げで狙うことでカワハギなど美味しい魚を狙ってみるのもアリですね。

この時期ならではの釣りが楽しめる、海釣りのベストシーズンなので、ぜひ色々な釣りに挑戦してほしいと思います。

Pocket