キジハタ釣りで一番よく釣れるエサは何がいいのか検証してみる

キジハタを釣るためのエサは何を使えばいいか?

例のごとく釣ったキジハタを捌いたり、変なものをエサに使ったりと、色々試してみた結果から最適なキジハタ釣りのエサを分析していきます。

まずキジハタを釣るのに一番いいと思うエサは、「小アジ」を使った泳がせ釣りです。これ鉄板!

キジハタは基本的に魚食性の魚です。小型は様々な小動物を捕食しますが、成長するにつれてアジを始め小魚を食べます。

キジハタは夜行性ですので昼のうちにサビキ釣りなどで大量に活きアジを確保しておき、泳がせてエサとして使うのが最もたくさん釣れました。この釣り方であれば広い範囲を探れるというのも効果的だったと考えています。

キジハタ釣りで使うエサごとの考察

他に試してみた中では、虫エサでいえば動きの良いアオイソメよりもニオイの強い岩虫・本虫やストロー虫の方が食いはいいです。

対してエビや蟹などは動きが重要であるようで、カメジャコのような動かないエサよりも大き目の海エビの様な動くエサに敏感に反応します。

どちらでも釣れますが、手に入るなら船釣りで使うような大き目の活きエビが最適と言うことになります。

また30センチくらいの大きさのキジハタのお腹を開くと、小さな蟹が出てくることが多いです。カニは根掛りしたりと難しいので適しませんが、甲殻類はキジハタ狙いでも有望なエサの一つと考えていいでしょうね。

キジハタは大きさで食性が変わることが分かっている

キジハタの特性として大きさによって食べるえさが少し変わり、30センチくらいまでは小魚・エビ・蟹・虫エサを好んで食べます。これが40センチ超えてくるとほぼ完全に魚食に特化し、魚の泳がせ釣りかルアーで狙わなければ釣れる可能性が低くなるということです。

30センチ未満のキジハタであれば意外なエサでも釣れることがあり、冷凍ホタルイカに食いついてきたりサンマの切り身に食いついてきたりもしましたが確立は低いです。

やはり専門にキジハタ狙うのであれば、アジを釣って泳がせて釣るのが最も効果的ですね。 ※この時期はアオリイカの釣れる次期と重なります。イカにアジをかじられるケースが多いので、アジは多めに確保しておくのがいいでしょう。

泳がせ釣りでも手軽に海底を狙える仕掛けが効率的

泳がせ釣りといっても、キジハタの場合は海底狙いですし、堤防のすぐ際を探ったほうが釣れる可能性が高いです。

専用の泳がせつりの仕掛けを使ってもいいですが、以下の様な簡単な仕掛けにアジをつけて使ってもいいです。これならば普通の万能竿でも釣ることが可能です。

シンプルな仕掛け

チヌと合わせて狙ったり、蟹を使う場合などはこれでいく。

この仕掛けは根がかりを防ぎつつ、底を狙うことができるので色々な釣りに応用します。アジがなくなったら、エビや虫えさをつけても面白い釣りができます。

先にオモリが着底するので、根掛りを回避して海底を攻めたい場合にはおすすめの仕掛けです。

キジハタは高級魚とされる割には、そこにいれば様々なエサで釣れる魚ですので、複数のエサを用意してその日のヒットエサを見つけていくと良いでしょう。

番外:キジハタが練りエサで釣れる?

生きたエサに圧倒的な実績があるキジハタですが、練りエサでも食いついてくることが分かりました。

練りエサと言っても、本虫(マムシ)を配合したエサであり、「鳳玉練磨」というもの。通常の釣り堀用として見かけるエサではないのですが、もし売っているのを見かけたら試してみる価値のある練りエサです。この商品ではなくても、本虫などを練りこんだ臭いの強いエサであれば、食ってくる可能性は十分にあります。

本虫配合の練りエサ「鳳玉練磨」はキジハタも食ってくる万能エサだった

2016.06.23
Pocket